スラムドッグ$ミリオネア

おひさしぶりんこですshine

です、いろーーーーーーおおおおんな、歓送迎会の季節ですwine

歓送迎会は、いろんな初めましてheart02とか、いろんなお世話になりましたheart02とか
ありがとうの気持ちがたくさんの会だから、好きですshine

そんななか、近所の映画館のオールナイトでスラムドッグ$ミリオネア観てきました!!



スター勢ぞろいみたいな映画もいいけど、こういうあまり知らない俳優さんがいい演技をしているのっていいですheart04

インドが抱える問題をけっこう大胆に描写していて、観光客減るんでは・・?なんて勝手に心配しちゃったりもするんですが、

なにしろ、エネルギーにみちみち満ちた映画でしたhappy02


くたばれ草食系!  あら失礼・・・

とつよく思ってしまうような逞しさpunch





絶対あきらめない・・

いま私たち日本人全般に一番欠けているものかもねconfident




ああそうそう、

前回の玉ニューの収録で、みゆみゆとさをりちゃんにお土産もらっちゃいました。

お菓子がイパーイ( ^ω^ )の現場・・・w

090419_11090001

みゆみゆは沖縄に













090419_11100001                  

さをりちゃんは仙台に








楽しかったようですshine

来週26日にはイベントやりますよー。

みんな来てねsun





では、またねheart04

| | コメント (12) | トラックバック (0)

キモ美しい・・・・

少し前に、デヴィッドリンチ監督の「インランド・エンパイア」を見てきました。

20070807203925

















    

デヴィットリンチ監督といえば、ツインピークスワイルドアットハート、それからもっと遡ればブルーベルベッドやエレファントマン。

まるで白昼夢を見ているような、不思議な美しさ、世界観。
世界中に熱狂的なファンを持つ、まさにカルトの帝王

ブライアン・デパルマ監督と並んで、一人で劇場に足を運びたいと思うほど大好きな監督です。

というか、例えばデートでリンチ作品を観るカップルって、二人の趣味が仲良くカルト的なのか、彼氏の選択ミス!かどちらかだと思う。

実際、後者のカップルが、見終わってボ~ゼンと座っている彼女に向かって、

「ごめん・・・」とかいって謝っていた。(笑)

完全に寝てたカップルも発見(笑)






ワイルドアットハートだってけして二人でさわやかに「楽しかったよね~!」って劇場を跡にする映画ではなかったけど、
インランド・エンパイアほどではないと思う。

いかにもシロウトくさい意見だけど、ツインピークスとワイルドアットハートとブルーベルベッドとイレイザーヘッドとエレファントマン・・・・を全部入れ込んでまとめた感じの映画だと思いました。

さっさといえば、なんかもう、ザッツ・デヴィッドリンチ!

時間が交差しちゃって、昨日が今日で明日が過去で・・・
わけわかんなくなってる私を見ている私!みたいな。
そして「あの」色彩の部屋でくつろぐウサギ人間が。あわわわ・・・・

ちなみにウサギ女の声はナオミ・ワッツ。

もったいな~~・・・・・



Usaginingen


 

 

 

 

 

そして、主演兼プロデューサーのローラ・ダーン

ジュラシックパークでおなじみのローラ・ダーンは、なんと私と生年月日がばっちり一緒!!

ということもあり、昔から気になる女優さんです。

相手役のニコラス・ケイジの髪がまだフサフサだったワイルドアットハートの頃(1990年)から、まったく変わらぬ雰囲気!

そういえば、気になる女優さんのひとり、シェリリン・フェン主演のボクシング・ヘレナは、本来主演が決まっていたキムベイシンガーが契約違反で740万ドルもの賠償金を支払ったいわくつきの映画として有名ですが、そのボクシング・ヘレナの独特な世界観はデヴィットリンチ監督の娘、ジェニファー・リンチ監督の作品。

しかも急遽代役を務めたシェリリン・フェンは、当時のリンチ監督の彼女だったらしい。


どうりで作品の空気が似てる~・・と思ったものでした。

Relay_5


 

Wild

 

 

 

                                                                                                                                    

 

さて、ローラ・ダーンですが、多少シワが増えたあたりはかえって、ヒアルロン酸注入やらボトックス注射が当たり前のハリウッドにおいてはナチュラルで好感がもてるかも。

そうはいっても、リンチワールドには欠かせない、「女神」「娼婦」「鬼婆」の三種類の女を一人でやっちゃうローラ・ダーンのど迫力にはまいりました。

特に、いかれ頭の鬼婆になっちゃった彼女は、目を背けたくなるようなもの凄さ。

美しい女神のときを演じる彼女とほんとに同一人物?と思ってしまうくらいコントラストがはっきりしていて、凄い女優さんだ・・・・と改めて思いました。








ああ、それはそうと、裕木奈江さんが出演されていました。
最近見かけないと思っていたら、ハリウッドにいらしたとは。

すごい発音の英語でしたが、そこがまた味わいがあってなかなかいい感じでした。




リンチ監督がシネマtodayのインタビューのなかで

「映画は説明を受け付けないものだ。主役は映画であり、言葉ではない。」

と語っているように、いくら語ったところで時間の無駄だわね~。

キモ美しい・・・
が好きな方。ぜひお運びくださいませ。

恵比寿ガーデンシネマ
他にて上映中。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

クラゲの謎に迫る

なんだかよくわからないまま毎回出演させて頂いているテレビ埼玉「関口さんII」

一部のマニアにかなりな人気らしいですね。


ついに、水曜24:30スタートだったのが、
火曜日23:30スタートに格上げですよ!!

これってすごいらしい。
打倒「ぷっすま」←裏番組(爆)

それもそのはず、蜂蜜とクローバーで声優さんもされているセブンティーンモデルの工藤晴香ちゃん(なんでもアニメの役柄のイメージとちょいと違う=衝撃?笑 感じなのでファンは必見)、

それから人気街道をばく進中の声優さんが「万田さん」の声をやってくださっています。

万田フトシ・・・長男 鈴木健一さん
万田サトシ・・・次男 櫻井孝宏さん
万田ヒトシ・・・三男 市来光弘さん


しかもこの万田さん、一部ではキャラクターとして育てていこう!という運動がおきているとかいないとか・・・

実はtomokov、クラゲの万田さんにはすごく助けて頂いてるんですね。
番組が始まる際、ギャル達にいぢめられるんじゃないかと不安でしかたなかったtomokovに、(ぷっ)

万田さんは、「大丈夫ですよ、ともPのことはこのクラゲが命に代えてでもお守りしますから!!」などと
宮様ばりの力強いお言葉でおっしゃったのね。

(正確に言うと、「大丈夫ッスよ、失敗してもクラゲにフォローさせますから」とディレクターが普通にいった)

tomokovとご一緒するのはもっぱら三男役の市来光弘さんなのですが、
なんていうかあれですね、

声優さんって、「スイマセン間違えちゃいました」なんていう素声も声優っぽいんですね〜。(あたりまえだが)

きっと、「牛丼大盛り!」なんてオーダーするときも、すごくいい声で、廻りはつい注目しちゃうんだろうなあ・・・・

ネタバレで当局に消されやしないかとドキドキのtomokovですが、
これは言いたい!!!

じつは、市来光弘さん、万田さんをご自身で動かしながら、台本読みながら、叫んだりしているわけ。
ぱぺっとまぺっと状態ですわ。

・・・・てことはね、テーブルの下にプチスタジオが仕込んであって(正確に言うと座布団がしいてあって)そこから万田さんと一心同体となってエキサイティングな演出をしているわけです。
すごいですね〜〜〜!!

tomokovだったらとっくに腰つってます。

まあそんなわけで、番組格上げスペシャルで番宣しちゃいました。

テレビウオッチャー様が取り上げてくださっています。ありがとう。

そうそう〜、番宣ついでにエンディングテーマは、萌え萌え秋葉系アイドルグループ「MUH〜」が歌ってます。
なんでも、10/1(土)に 吉祥寺で(13:00〜伊勢丹前特設ステージ15:00〜井の頭公園野外ステージ)ライブやるらしい。

さあ、おたくども、お集まりなさい!!

 

次回は「がんばれADイタクラちゃん」シリーズの予定(笑)
イタクラちゃんがなんと、合コンではいつも幹事役をやっているという失態が発覚!!どうなの?イタクラちゃん?!・・・お楽しみに。

今日のグルメ紀行は
玉川上水が吉祥寺と三鷹を結ぶ中間地点にある、沙羅舎

ここは、癒しとクリエイティビティの場所。
ヨガやアートセラピー、鍼灸、カイロ、などなど、癒しと想像のスペース 。
sarasha
その一階の心泉茶房で、酵素玄米ランチ 950円でベジーなお昼ご飯。
豆腐とひじき、レンコンのハンバーグ風、キャベツの千切り、かぼちゃと根菜のサラダ、かんぴょうとワカメの澄まし汁、おつけもの、酵素玄米。

プラス200円で、迷ってしまうほどの種類の中国茶を茶葉ごといただけます。tomokovは日月翠玉をチョイス。
中国茶の入れ方もお店の女性が親切に教えてくださるので安心。
心も身体も癒されるお食事を、友人とともに。

| | コメント (10) | トラックバック (1)