依存症①  良い依存と悪い依存

暖かかったり寒かったり、巷ではインフルエンザも流行っているようです。
 
なかなかにハードな季節ですが、元気に過ごしていますかhappy01
 
ここのところ心理学的な記事を書いていなかった(けっこう大変だからcoldsweats01)のですが、ぼちぼち書いていくことにします。
 
以前、相談室に現れる依存症の方は、アルコールやギャンブル依存の方が多かったように思いますが、最近では依存症の方の依存先も多様になり、特に人間関係への依存の方の来室が増えました。
 
もちろん、昔からいたのでしょうが、元々人間関係の依存は「依存症」として認知できにくかったと言う経緯があったので闇に葬られていたのかもしれません。
 
しかしながら、アルコールやギャンブルなんかの有名どころも、ほとんど人間関係の依存の問題が起因しているってご存知でした?
 
さて、今回から何回かに分けて依存症のお話をしますね。
 
依存というと=悪sign03    という感じがしますが必ずしもそうではありません。
 
 
 
 
人間は、必ず何かに依存して生きています。
 
それが、安心を得る方法なので、不安なときは人に頼ったり、物を得たりして安心を獲得しています。
 
 
それは悪いことではないですよね。
 
でもされが自分の人生をややこしくしたり、人に多大な迷惑をかけたりするのであれば病気といえます。
 
 
つまり、依存は「良性」と「悪性」があるのです。
 
 
良性依存は成長とともに自立へとつながりますが、悪性依存は依存症へとつながります。
「良性の依存」は、主体性のある個人として相手と程よい距離感があり、持ちつ持たれつ、支えあい、癒しあう関係性。
 
 
 
それは、だいたい幼少期に保護者からしっかりと愛された記憶が安心感となり、主体性が育つことで生まれます。
 
 
それはその後の対人関係の原点です。
 
 
もちろん、現代社会のストレスというのも大きな悪性依存の原因ですが、幼少期の安心感は、このストレス社会を生き抜く鍵となるのは事実です。
 
 
一方、「悪性の依存」は、自分が安心や満足感を得られず寂しいために、常に相手を支配したり束縛したり、しがみつくことです。
 
 
もちろん相手はうまくコントロールされてはくれませんから、身近な何かに依存して安心を得ようとします。それがエスカレートして依存症になります。
 
 
幼少期に保護者からしっかりと愛された記憶がうすく安心感がない、よって主体性が育ちにくくなります。これが悪性依存の根本原因です。
 
 
依存症の始まりは寂しさです。
 
 
暗い井戸の底に吸い込まれるような寂しさを埋めるために、人間関係や物で安心しようとします。でも、そんなもので本当の安心は得られないので更なる依存にエスカレートしていきます。
 
 
依存症が怖いのは、本人だけでなく、その子供たちの一生を大変なものにしてしまう可能性があるということです。
 
 
アダルトチルドレンは、安全な場所として機能しない家庭で育ったために大人になってもあらゆる人間関係の問題や生きづらさを抱えた人たちのことです。
 
 
そしてアダルトチルドレンがさらに悪い依存にはまり、次世代のアダルトチルドレンを作っていくということはよくあることです。
 
 
ですから、依存症はこのターンで断ち切らないといけませんよね。
 
 
長くなりそうなので、今回はこれにておしまい。 
 
次回も依存症とはなんぞや?の説明をします。
 
 
 
 
 
 
世田谷公園をお散歩したら、機関車がいましたheart04
では、またねheart01
Dsc_0103_1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ちゃんとしてなくていいです

2013年お盆週間ですね!お久しぶりになってしまいましたcoldsweats01

皆様いかがお過ごしですか?

世田谷カウンセリングオフィスも土曜日までお休みいただいております。


でも、なんだかんだとお仕事しちゃってます。
だって、クライアント可愛いんだもんw


ところで、カウンセリングに来るに当たって、みなさんそれぞれの思いがあるようで

面談中、話題にしたいことをあらかじめまとめて来る方もいれば
あるいはデタトコ勝負で特に用意なくいらしたり

カウンセリングの受け方は様々。どうぞやりやすい方法で進めて行きましょう!

しかし一つお願いしたいのは


「すごーく辛くて、考えがまとまらないし、ちゃんとお話できそうにない」からって、
落ち着くまで我慢して、それからいらっしゃる方・・・・

理路整然とはなしができないとカウンセリングにならないと思い込んでいる方・・・

辛い時にきちゃって下さい。

ちゃんと話できなくても、まとまってなくても、それを汲んで纏めるの私の仕事ですから


どうにもこうにも辛くなっちゃって、話ができないから迷惑だとかって面談を延期しちゃって、そしてシャレにならないことになる。そういうことって結構あるのです。

私の経験からいくと、しっちゃかめっちゃかの状態でもカウンセリング受けて
ぎゃんぎゃん泣いたり
つらいよーつらいよーってわーわー言いながらも行きつ戻りつしながらも


そんな感じの方の方が結局は回復が早い!!

ですから、「ちゃんと」してなくていいので来てね。


Image_3


Image_4


ごちゃごちゃの自宅の私のデスク・・

猫達が営業妨害中。

ワーカホリック防止に一役買ってくれておる。

では、またねsign03

| | コメント (8) | トラックバック (0)

闘争か逃避か?fight or flight・・緊張に勝つ!

chickお知らせchick

アロマテラピーの専門誌「セラピスト」12月号(11/7発売)

シリーズ「プロカウンセラーの聞く力・話す技」

世田谷カウンセリングオフィスが取材され、5ページに渡り掲載されました。

興味のある方、是非ご覧下さいshine

お久しぶりです~

お月様がきれいね~なんていってたら、もう11月・・

年末進行始まってるし∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

寒くなってくると更に、カウンセリングオフィスもなかなかの忙しさです。


そんな年末の恒例行事、私にとって一年でもっとも緊張する日、吉祥寺ラフォルテでのフルート発表会sign05note

なんだよ、趣味の発表会だろ、もっと緊張すること他にあんだろ・・

と思ったら大間違い!
何千人の前でしゃべるのとかもへっちゃらな私ですが、なーぜーか、このフルートのソロ発表会だけは緊張しちゃうんです~

毎年、実力以上の曲にチャレンジしていることもあり、いろんな意味で力試し企画


今年はポンセの「エストレリータ」に挑戦shine

トリプルアクセルを跳ぶというよりイナバウアーを美しく・・という感じの曲w

そんなわけで、12月23日まであと1カ月とちょっと、いよいよガチで練習せねばなりません・・ま、間に合うだろうかwobbly



ところで、「緊張」することってありますよね~


緊張すると、胸はドキドキ、冷や汗が出て、のどはカラカラ、胃が変な感じ。手は冷たくなって震えてくるし、肩が異常に凝ったりして・・・・ホントにいやですねcoldsweats01


これは、闘争か逃避かと呼ばれる、動物も含めた生き物が「生体の危機」を感じたとき、とっさに逃げられるように、それが無理なら戦えるように、身体に備わった機能です。

胸がドキドキ、これはダッシュで逃げられるように、血液を循環させてあらかじめ身体が心拍数と血圧を上げているからdash

冷や汗、これはダッシュで逃げた時体温が上がりすぎないようあらかじめ冷やしておくためdash

のどカラカラ、胃が変、これはとりあえずダッシュで逃げるのが大事なので胃の消化活動が二の次になり分泌液が極端に減るからdash

手がつめたくて震える、ダッシュで逃げるには太ももに優先的に血液を回すからdash

肩こり、これはダッシュで逃げるために筋肉がだらっとしていたらダメだからdash



こう書いていると、そんなにダッシュで逃げたいんかい?
と思います(笑)


この闘争か逃避か反応そのものを脅威としてしまう癖がつくと、いわゆる「パニック障害」になります。


緊張って、不安というストレスを感じたときにでる反応なんですが、「不安」ってそもそも「安全が確保されてません」とということを教えてくれる自己防衛機能。

これがあるから、例えば暗い道なんかだと用心しながら歩いて自分を守ることができるんです。


でもね、フルートの発表会でソロをやることって、別に「生体の危機」じゃないじゃん。死なないしscissors

大勢の前でプレゼン。これも別に死なないし。

試験も死なない。

面接も死にません。


だから、緊張している自分がいたら、ああ自分いま生体の危機を感じてダッシュで逃げたいんだねえ(笑)・・と思ってあげる。そして本当に死ぬほど深刻なのかい?本当に?と自分に聞く。

そして、まあ大勢の前で失敗する危険があるんだからそりゃあみんな緊張するよ、無理もない。と思ってあげる。

でも、ちょっとでも緊張を和らげる策があるなら試してみる。(私の場合、うんと練習するとかね!笑)



何かと「本番」の多いシーズン、ちょっとでもお役に立てたら幸いですheart04

では、またね~heart04



| | コメント (10) | トラックバック (0)

発達障害支援☆

月に一度、発達障害を支援する会議に出ています。

今日も、その会議がありました。

いつもおもうこと。

発達障害は、育児の失敗ではない。

・そして、適切な検査をし、適切な療育により発達を促し、症状は改善される。それどころか、彼らには驚くべき才能が隠されている。

ということを伝えていかねば!という使命感です。

こどもの障害が重いほど、おかあさん達は障害児を生んでしまったという「罪悪感」に苦しめられています。
そして、さまざまな「誤解」からも苦しめられています。

その誤解の大きなひとつに、「母原病」の余波があると思います。
母親が原因で起こる子どもの異常を「母原病」と名づけた著者が、現代の育児・教育のあり方に警鐘を鳴らす一冊で、20年ほど前に一大センセーショナルを巻き起こしました。

しかし、九徳重盛先生の 「母原病」は、もとは『先進国型の疾患と異常』という名前が最初です。
それでは売れなかったので「母原病」という名前にした、とご本人が語られています。
ネーミングというのはなんとも影響力のあるものです。

その名前のインパクトもあり、瞬く間にベストセラーになったとも言われます。

読んでみるとわかるのですが、内容はけして母親を責めているわけではなく、文明社会の中で、大人のちからで、独りよがりになりやすい現代の子育てをお互いに良いものにしていこうというものです。

しかし何故か「母原病」という言葉のみが独り歩きをし、ぜんそくや自殺、家庭内暴力や甘え、虚弱といった様々な症状、それにプラス発達障害を十派一からげにして「母原病」とくくってしまい、子供のトラブルのすべてを母親の責任にしてしまう慣習はいまも強く続いています。

ちょうど、不妊の原因を女性のみに押し付けた間違った古い考えに似ています。

確かに母親はこどもに強くかかわっているわけなので、言われた方も責任のすべてが自分にあると思い込みがちです。

たとえば自閉症アスペルガー症候群学習障害などの発達障害が「愛情や育ち方が悪かったために正常に発達しなかった」あるいは「母親の躾がわるいから」だと言われてしまうのは、ちょっと考えれば間違いだとわかると思うのですが。

知らない、ということは恐ろしいことだったりします。

あるいは、子供の発達障害は「食べ物が悪いのだ」と声高らかにいう人もいます。
牛乳に混入している抗生物質が脳に影響するとか、アルミのなべが脳に悪いんだとか。

世のなかには色々な考え方、信念がありますが、知識も理解も無いまま、良質な食べ物さえとっていれば良いのだというのもいかがなものか…。

百歩譲って、「食育」にちからを入れてみるとして、それももちろん良いことでしょうが、適切な検査をし、適切な療育により発達を促し、症状を改善していくべき策を練るのが先だと思います。

発達障害は、早期発見、早期療育、これしかないのに、「周囲の誤解」あえるいは「自分の子の障害を認めたくない」もろもろの「大人の事情」のために、療育のチャンスを逃し、あるいは誤解されたまま母子で苦しんでいるという事例がなんと多いことか。
また、親の無関心のために療育のチャンスが無いまま大人になり、今も苦しんでいる発達障害のかたのなんと多いことでしょう。


思えば、トム・クルーズは重度のLD(学習障害)。
ビル・ゲイツエジソンはアスペルガー症候群。
アインシュタインニュートンも自閉症だったと言われています。

その症状を特性として自分のものにし、活躍している人はたくさんいます。

発達障害でも活躍する人、穏やかに周囲になじんで生きていける人。
反対に、不適応や差別に苦しむ人、そのために家庭まで崩壊する人。

その差はなんでしょうか?

肢体が不自由であるなど、それと見てわかる障害のほかにも、わかりにくい障害が存在しているということ。
まずそのことを社会全体で理解してほしいと思います。


Photo




←表参道で綺麗な花壇を発見!











 

では、またね!

| | コメント (23) | トラックバック (0)

太鼓

あぢいですね。お元気ですか?

週末は和太鼓の稽古にいさびさに参加しました。
ドン!ドン!と太鼓をうつたびに肩から邪気という邪気が・・・・ホントですよ、抜けていくみたいな感じでした。
特に日本は、太古の昔から和太鼓が神にかかわる色々なまつりごとに使われて神聖な楽器としてあつかわれています。

なぜ久々かというと、敬愛する大先輩のある方が、先日59歳の若さで肝臓がんで発覚から3ヶ月という短さで亡くなってしまいました。お見舞いもメールも、死に向かう彼女には微力なものでした。

ちょっとその事実と一緒にいるのが辛かったからなのでした。

でも、今日稽古に参加して、そのかえりにみんなで「彼女を偲ぶ会」を開いたのですが、なんていうか、すごく自分の生きてきた人とのかかわりはちっとも間違ってなかったと確信したのでした。

もともと泣き虫なのでしょうがないのですが、人間が人間らしく好きな人を偲ぶ姿は心から美しいと思ってなみだがとまりませんでした。

戦って戦って、相手を欺いて勝利したものでしか現代社会はうけいれないものだという実感がここ最近納得せざるを得なかった私ですが、しがらみのない友情だけでなりたつこのエネルギーを心から尊く思い、彼女の冥福を心からお祈りいたしました。

いろいろエンターテイメントっぽい趣向もあったのですが、ごめんなさい。
今日はこんなところで。おやすみなさい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

あなたのアドレナソングってなんですか?

突然ですが、わたくし、最近ダイエットを決意しまして(遅?)

それにいたったいきさつなどは割愛します。

っていうか、かなり本気ですからもういきさつなんてどうでもよろしい。


セラピストですが負けず嫌いです。

転んだらただでは起きないが座右の銘ですので(謎)




まあそんなわけで、ジム通いして走りこみとかをやっているわけよ。

気合はいってます。




ほらあれですよ、この年にもなってくると栄養とらずにやせちゃうとかなりヤバイです。
一気に老けますから(涙)

そういう事例をいくらでもみて学習しているの!わたしは!

だから、ちゃんと運動して、週2の岩盤浴なども取り入れつつ、代謝をあげてシェイプアップしようと思うわけだよ。




酒も飲むぜ!(威張ってる場合か?)

気が遠くなりそうだが、しかし。

ローマは一日にしてならず!

ナポリを見てから死ね!

とかいって、よくわかんなくなってきた!




いやあ~、これ以上きれいになっちゃったら、もててもてて困っちゃう~~のMMKだね。

ハッスル!!└(゚∀゚└) (┘゚∀゚)┘ハッスル!!


・・・スイマセン、言ってみたかっただけですw


とにかく!


走りながらコレ聞いてます。アドレナリン分泌しまくりソングです。

プリン隊のメンバーがCDくれました。ありがとう!

一日30回くらい聴いてます(根がオタクなんで)


リビング・レジェンド(生ける伝説)、我が敬愛する獣神サンダー・ライガーの入場テーマソングです。

001

では聴いてください。ミュージック、スタート♪








 
 



 

怒りの獣神

燃やせ燃やせ
怒りを燃やせ
走れ走れ
明日へ走れ
怒りの炎が天を突き破る
廃墟の中から立ち上がれ
ライガー

奇跡のバイオ・アーマーが
戦う痛みを感じても
恐れるものは何もない
邪神を叩き潰すまで
ライガーソード
空を切り裂く聖なる剣
ライガースラッシュ
稲妻轟く
真紅のファイヤー
怒りの獣神ライガー

燃やせ燃やせ
怒りを燃やせ
掴め掴め自由を掴め
邪悪な黒雲地上を包み込む
瓦礫の中から甦るライガー
呪いの邪神閉じ込めた
太古の神の力さえも
及ばぬ今は世紀末
勇者を目覚めさせるとき

ライガーソード
神が与えた正義の剣
ライガースラッシュ
聖なる血を引く
怒りの獣神ライガー

ライガーソード
空を引き裂く聖なる剣
ライガースラッシュ
稲妻轟く
真紅のファイヤー
怒りの獣神ライガー




燃やせ燃やせ脂肪を燃やせ~♪ なーんてね。  

キャハ(´∀`*)

では、またね!

| | コメント (11) | トラックバック (1)

瞑想の勧め

かあ・・・。

なんだか鬱々、ちょっぴり寂しい。

普段なら気にしないようなことも気になっちゃったり・・・・。

おセンチなわ・た・し。


は?

更年期、とか言ったのそこのキミですか?グーでぶつよ。



仕事は笑顔で、家事はメタルでも聞きながらちゃちゃっとやっつけ、こんな日はゆっくり瞑想することにしよう。

まずは心地よい空間を作ったら癒しの音楽。
体中の筋肉をリラックスさせ、深く、深く、自分の中へ入っていきます。

今日は一つ悩んでいることの答えを見つけに、潜在意識の中に住む、ハイヤーセルフと呼ばれる高次元の存在にアクセスします。
メッセージをもらい、現実にもどるとアラ不思議。

体がかる~い。

心もかる~~~い。


でもこれ、自分でやるの結構大変なのよ。

そんなあなたに朗報!

個人セッションにも、ワークショップで好評のガイド瞑想を取り入れることにしました。

完全個室の高円寺のサロンでは、オットマン製のゆったりしたリクライニングチェアに深く腰かけ、セラピストの声の誘導でご自分の中へ深く入っていただきます。

解決したい問題が明確な方、自分の深層心理を深く知りたい方、過去のトラウマを解消したい方に最適なセラピーです。
あなたが望めば、過去世の記憶を思い出すことも可能です。

途中で嫌な記憶を思い出してしまったときなども、常にセラピストとともに安全な状態でいることができるようガイドします。

半分眠っているような夢心地の状態の中、
必ずあなたは、今のあなたに最適なメッセージを受け取るでしょう。

なぜなら、すべての答えは自分の中にあるからです。



現実のあなたに戻ったら、その記憶がはっきりしているうちに絵に描いて表現したり、セラピストとその体験をわかちあい、深めます。



いちど試してみませんか?

詳しくは、コチラまで。

爪のリニュアル。

6

生態系になさそうなカラーにチャレンジしましたw



足なんかぎらぎらですごいからw

6_2


 




では、またね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

冷血の勧め

興味深いことに、私のワークショップやカウンセリングに来るお客様は、とても礼儀正しく、賢く、優しく、自分を伝えるのも上手であり、人の話もちゃんと聞ける魅力的な方ばかりです。

それなのに彼女(彼)らはどうしてカウンセリングにやってくるのでしょう?


それは、時としてあり得ないような理不尽や、絶望の淵においやるような相手に出くわすからだと思います。

つまり、魅力的な人、優しい人、親切な人ほど、心をいつもオープンにしているので突如として現れたその「失礼な相手」のエネルギーをまともに喰らってしまうのです。

そしてその「失礼な相手」はあなたが自信なくたじろいでいるところを見つけると、まるでダイヤモンドでも掘り当てたかのようにその傷をえぐり、あなたの自尊心を食い尽くしてしまいます。

失礼で横柄な相手をいまさら教育し直し改めさせるのはとうてい無理です。

ならば、礼儀正しく、賢く、魅力的な私たちは毎日を快適に過ごせるように、その「失礼な相手」を黙らせたり、影響を受けずにすむテクニックを身につけなければなりません。

かくいう私も、そのテクニックを身につけていなかったら今頃すっかり自尊心を失ってしまっているクチです。

たまに、私が40歳だから傷つかないだろうと思って色んな事を言ってくる「失礼な相手」がおりますが、18歳だろうが40歳だろうが傷つくのは同じです。
40歳だから傷つかないのではなく、苦労して身を守るテクニックを身につけたから傷つかなくなったのです。
というより、傷は付いても跡が残らなくなった、回復が驚異的に早くなったのです。

礼儀正しく、賢く、魅力的な私たちが、日々を快適に過ごすには、心の窓の「OPEN」「CLOSE」をはっきりと分けなければなりません。

人から批判を受けるときも、「その批判者」が、自分にとって有益なアドバイスをくれている批判者なのか、それとも例の「失礼な相手」なのかを判断して、後者の場合は心の窓をパタリとしめるようにすべきです。

また、前者の場合とて、その批判をあなたが全て請け負う必要はなく、参考にすべき事項とさらりと受け流す事項とをきちんとチョイスすべきです。

たとえしっくりこない批判であっても、その批判者の口調が真心がこもっていて、あなたのことを真剣に考えているようであれば、「ありがとう、とても参考になります」とだけいって、あとでじっくり吟味すればよいのです。相手に理解は示しても、いいなりになる必要なまったくありません。


礼儀正しく、賢く、魅力的な私たちは、心の窓の「OPEN」「CLOSE」をはっきりと分けて、「CLOSE」の時は、冷たい人になりましょう。大丈夫、冷たい人になるってけっこうやってみると簡単です。

そして、その必要のない時は、いつものようにオープンハートの魅力的な私たちでいましょう!


失礼な人から圧力をかけられたり批判されたりしたら「面白い意見ですね」「それについてはよく考えておきます」等とあっさり言ってそのまま放置しておくこと。
失礼な人が不愉快な話をしてきたら話を中断すること。
私たちはいつでも快適に過ごす権利があるのですから。

親や周囲の人たちの愛情をたっぷりと受け、常識的に、恵まれて育ってきた私たちは、屈託のないオープンハートという宝物があります。

オープンハートは魂と魂を通わせ、人をもっと高いレベルに運んでいく、最高のツールです。

ただ、その美しいオープンハートが「失礼な相手」によって傷つけられ、冒され、いつしか、その純粋なオープンハートが歪んで「失礼な相手」に成り代わってしまうのです。


 


「横柄な態度」の奥には劣等感があります。

「相手をねじ伏せる態度」の奥に自信のなさがあります。

「いじわる」の奥には嫉妬があります。

「残酷な言葉」の奥には虐待された過去があります。


きっとその「失礼な相手」は胸に負ったたくさんのハートの傷がもとで、「失礼な態度」をとらなくては生きていけなくなっているのかもしれません。

可愛そうなことですが、もはやそれも「私たちには関係のないこと」です。
ただ、その「失礼な相手」が自分から改心して助けを求めて来るなら別ですが。

すでに図太い人は置いてといて、礼儀正しく、賢く、魅力的な私たちがピンク色の綺麗なハートを、どす黒い「失礼な相手」から守るには、


1. 日頃から自分を卑下しない、絶対に!!(スタイルが悪い?学歴が低い?もう若くない?それが一体なんだっていうのだろう?)

2. 失礼な相手に出くわしたら、心の窓を「CLOSE」に!(それで相手がどう思おうと、それは相手の問題です)

3. そして、その必要のない時は、いつもの「OPEN」な魅力的なわたしになろう!!(私たちは人生を楽しみ謳歌する権利があるのです)




私のワークショップで、「心の聖域」を訪れる瞑想をしたことがあります。

心の聖域は、誰も冒すことの出来ない神聖な場所です。
その大切な聖域を守ることを忘れないでいましょう。




ワークショップにたくさんのお申し込みありがとう。
みんさん魅力的な方ばかり。
神楽坂であいましょう!!


では、また!


  
  

| | コメント (10) | トラックバック (0)

アートセラピー体験会のお知らせ!~夢をかなえる幸運体質をつくりましょう~

久しぶりに、初めての方でも楽しくアートセラピー体験ができるワークショップを開きます。

今回は、絵はどうもねー・・・・という方にも安心の「コラージュ法」のご案内です!!

少人数制のアットホームな雰囲気のなか、しっかり癒されながら自己実現の欲張り企画です!

アートセラピーの素晴らしさを一度ぜひ体験してみてください。


「コラージュ法でアートセラピー」

 ~夢をかなえる幸運体質をつくりましょう~

 

コラージュとは、雑誌などの写真の切り貼りで表現するアートワークです。

絵にいまひとつ自信の無い方も、これなら気軽の参加でき、たくさんの写真のなかから構成される面白いアートは私たちの遊び心を刺激し、ユーモアや気分の高揚を誘います。

 

 

なにも、たいそうな夢でなくてもいいのです。

普通だったら幼稚とおもわれるようなことでも、できっこないことでも、いいのです。

 

 人間は、できないことは想像すらできないようになっているそうです。

ならば、想像できること・・・・それは、できることなのです。

 

 

運の良い人とは、「幸せの流れに乗っている人」のことを言います。

反対に、運の悪い人とは、「幸せの流れを見失ってもがいている人」のことを言います。

 

 

頑張りさえすればいつか幸せがやってきますか?

あなたの幸せの流れは、どこにあるのでしょう?

目標さえ立てれば、うまくいくのでしょうか?

幸せの流れから外れてしまったら?・・・・

 

心配はつきませんね。

そこで・・・

 

今回のワークショップでは、

「幸せの流れに乗り続ける方法」を学びます。

 

前半は、脳のしくみとともに、幸せが集まってくるイメージ法、

後半は、あなたの具体的な夢の実現方をコラージュや楽しいアートと共に学びます。

 


まず最初は、本当のあなたが欲していることに耳をすましてあげること。

忙しさやもろもろの理由でいつも後回しにされている、本当のあなたの声をききましょう。

 

 

楽しい雰囲気のなかでワークをしていくうちに、あなたは内に秘めたほんとうの自分の夢を具体的に表現していることに気が付つくでしょう。

 

本当に自分が欲しかったもの

本当にこうありたい自分

 

それが具体的な形となって目の前に表現されたその瞬間から、私たちはそのビジョンに向かって確実に歩き始めます。

 

一人の満足にとどまらず、出来上がった作品を客観的に見ながらビジョンを互いに語り合い、承認しあうことで、更に「自分にもできる」という自信が生まれます。

 

また、神楽坂にある素敵なセラピールームでは、世界特許のランプ・ベルジュ製品を使用し、オゾンによって浄化された、まるで森林浴さながらのマイナスイオンたっぷりの空気のなか、アロマテラピー理論にもとづく癒しとポジティブシンキングの効果のある香りをたきながら作業をします。

Palette_1_150

 

Palette_2_150 コーチングテクニックを使った夢の実現法も組み込んでいく少人数制の4時間ワークショップです。

 

 

 

 

 

日時:   2007年6月2日(土) 13:00~17:00(12:45ドアオープン)

 

場所:  162-0186
東京都新宿区白銀町2-12 Silver Hill 302
セラピースペースパレット セミナールーム

 

参加費:  8.000円 (材料費、税込み)

定員:   10名

 

 

【スケジュール】

 
Lesson1   幸運の流れに乗るイメージ法

Lesson2  心の重荷をおろすイメージ法

Lesson3  アートセラピーで自己実現 コラージュ法

Lesson4  あなたの本当の未来へ

 

 

当日のメンバーのエネルギー状態などで、内容が若干変更する場合があります。ご了承ください。

 

 

 

参加方法

 

art_therapy@hotmail.co.jp

にメールでご連絡下さい。その際、

6/2ワークショップ参加希望と

* お名前

* 年齢

* ご住所

* 連絡可能なお電話番号

* 連絡可能なおメールアドレス

を明記してお送り下さい。折り返し確認のメールにて返信、ご連絡いたします。

記載の口座にご入金確認後、予約が完了になります。

 

 

【お振込み先】

ジャパンネット銀行 
(普)001-6575254 ナカノトモコ

お問い合わせ先art_therapy@hotmail.co.jp

では、神楽坂であいましょう!!

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (2)

グレゴリー・コルベール 『ashes and snow』に深く癒される。

グレゴリー・コルベール 『ashes and snow』展に行ってきました。

Go_425_01_1

Go_425_02_1 Go_425e2_13_1




 

CGなどの加工を一切行わずに巨大な和紙にプリントされた写真や、人間と動物と自然が交流し共存する、「永遠」を思わせる映像は、なんともいえないぬくもりがあり、懐かしさがありました。

きっと、前世でみた記憶にちがいない・・・。

これぞアートセラピーの真髄か?という作品たちに出会いました。


グレゴリー・コルベールのキャリアはパリで社会問題を題材としたドキュメンタリーの制作から始まったそうです。

その後映画制作から芸術写真へと転向し、世界40カ国に及ぶ旅のなかで、人間と動物が交流する究極の瞬間をフィルムに収めつづけているのです。

世界中の人に癒しを与えているだけでなく、彼自身もきっと深い癒しのなかで作品を撮りつづけているにちがいありません。


「私も、鷲とダンスを踊っている」

「私も、ゾウのお腹で一緒にお昼寝している」

「私も、海の中で愛し合って、神様と一体になってる」


ずっとそんな感覚でした。


アートセラピーに関わっているとき、生徒さんたちが癒されているその場にたちあいながらも、充分に癒されている自分に気づきます。

そんなとき、その場にいる皆さんと共鳴し、一体、とか、永遠、とか、そんな感情の中にいることが往々にしてあるのです。

アートの力はやはり素晴らしいです。



みなさまもぜひお台場にお出かけくださいね。







ほわほわの気分のまま、いきなりジャカジャカとうるさいお台場の街へ。


 

あまりにもカワイイので購入。

70409_020501

フモフモさん(もぐぐ)

 おっしゃるそうです。

 

 

 

お懐かしいジャイアントロボに出会いました。


070408_181502_1

「行け!ジャイアントロボ!!」 ←大作少年

「マッ!」 ←ロボのお返事の声








 

そして、この方・・・・

070408_181801_1



どなたさんでしたっけ?


 

お分かりの方・・・ぜひ、コメントのこしてくださいませ。


ではまた。


『ashes and snow』
会   場 =ノマディック美術館(お台場 東京テレポート駅前特設会場)
会   期 =2007年3月11日(日)~6月24日(日) ※会期中無休


~インフォメーション~

春のプチ鬱撲滅キャンペーン開催中!個人カウンセリングを大幅に(ほとんど半額)プライスダウンいたします!

詳しくは、【プチ鬱撲滅☆カウンセリングの申し込み方法】←click!


| | コメント (8) | トラックバック (0)