« 2014年4月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年5月

障がい者のアートセラピー

Dsc_0259Dsc_0260
Dsc_0258

今日のアートは、「初夏」をテーマに。 プラスチック板にセロファンを貼り、マジックとラメで眩しさを表現しました。

このグループは、「つるつるしたもの」「ぴかぴか光るもの」「ビニール」が好きな方が多いsign03
ということはリサーチ済み。
 
 
プラスチック・セロファン・ビニールテープ・・
 
ふふふ。お好きでしょ?
 
 
セロファンをぐあしと掴んでとりあえず、投げまくってみる方。
 
セロファンをくしゃくしゃにしてみる方。
 
ビニテをびょーんと伸ばしてとりあえすぺろんと舐めたい感じの方。美味しくないですよ。
 
など、など、など、、
 
 
しかし。
 
みなさん口元がにやけているので掴みはおっけー、気が変わらないうちに(笑)一気に仕上げましたsign03
 
 
アートセラピストとして、杉並区の障がい者施設すぎのき生活園におじゃまするようになり、早8年!もう9年目に突入しました。
 
 
 月日が経つのは早いもの・・・ coldsweats01
 
 
今では、同じ杉並区のこすもす生活園にもおじゃまするようにり、
 
すぎのき生活園けやきグループでは計36人、こすもす生活園では希望者の数名の方とともにアートセラピーを行っています。
 
 
今までにも、児童館でこどものアートセラピー、高齢者施設にてシニアアートセラピー、一般の方向けのアートセラピーと経験してきましたが、
 
 
 
それぞれの素晴らしさ、一方でそれぞれの難しさを肌で感じています。
 
 
ここでは重度の身体障害又は重度の重複障害の方、障害の重い知的障害の方が対象となっていますが、そのなかでも個人差が広くあります。
 
 
 
 
 
性格的な個性や好みももちろんあって、得意分野も不得意分野もあります。
 
 
不得意分野でも受け流して適当に処理できるわけではありません。
 
それをはっきりと言葉で表現することもできないことがほとんどです。
 
そうなると彼らは想像以上のストレスを受けてしまい、セラピーどころではなくなってしまいます。
 
 
 
 
区の施設である生活園は、自立と社会参加の促進を図ることを目的としています。
 
身体機能・生活能力の維持・向上等のための支援という側面では、
 
「できるだけ最後までやり遂げること」ことも求められており、
 
そのために、「がんばろう」のような言葉がけが現場では出てしまいがちです。
 
 
 
 
私がいちばん難しさを感じるのはそこのところです。
 
 
 
そもそもアートセラピーはけして「がんばる」ものではないのです。
夢中になっている姿をがんばっているね、と表現することはよいのですがconfident
 
 
気の進まない利用者さんに、「がんばろう」という職員の方の声がけが出た場合は、「アートセラピストの企画の問題」と受け止めています。
 
 
企画が良ければ、みなさんいきいきと作業できるのです。(コレがなかなか難しいのcoldsweats01)
 
 
 
 
知的に障がいがあっても、肢体が不自由であっても、感じたことをアートで表現できることの気持ちよさを是非味わってほしいなsign03
 
 
 
楽しく、好奇心を満足させ、季節感があり、五感をうんと使えて、達成感を感じられるもの・・・ heart04
 
 
 
と、欲張り先生は日々妄想しています(笑)
 
 
 
あと、なかなか実現しないけど、障がいを持つ方のご家族のアートセラピーも、ぜひやりたいな。
 
 
毎日の介護は楽しいこともあれど、やはりストレスは多大なもの。
 
 
セラピー中は、たくさん発散して、癒されて、どうぞ自分の中にある「自由」を羽ばたかせて欲しいです。
 
 
 
 
まだまだ未熟な点もたくさんありますが日々精進いたしますので、今期も一年間よろしくお願いたします。
 
 
 
 
  では、またねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014ゴールデンウィーク総括

毎年、仕事の忙しさをひきずったまま、どわーっと流れるままの状態だったのだけど、今年のGWはちゃんとイベントあり休息ありのバランスの取れたお休みで大満足heart02

 
 
  まず、なんといってもGWのはじまりは、ジャズフルーティストの大御所、井上信平先生の門下生のよる小淵沢での「Shinpei Music Camp」なるイベントに初参加punch
 
信平氏はわが師匠田村さおり先生の師匠、つまり私は孫弟子なんですが、いくらなんでもプロもしくはセミプロの中に放り込まれshock
 
 
 
初見同然の楽譜を金曜日にリハ、土曜日にライブっていう、素人の私としては目が点の初体験coldsweats02
 
 
汗と涙と感動のwの2泊3日でしたsign03
 
信平先生のご指導は、勝手に音がイキイキしてきちゃうような感じshine
そして楽しくなっちゃう感じ。
 
 
 
だからみなさん、楽しそう~に演奏なさっているのかな。
 
 
しかしこの歳にしてめっちゃ集中してお勉強したコード進行&アドリブ。
 
脳みそがウニになりそうでしたが、すごく勉強になりました。
 
そして、音楽家のお知り合いがたくさんできて、それぞれの活動に感心することしきりでした。
 
 
それもこれも、四の五の言わせずw私をマイカーに押し込み拉致してくださり、ものすごーく面倒をみてくださったわが師匠のお蔭様ですheart04
 
 
感謝感謝ですーsign03
 
 
 
そして、進行をつつがなく進めるべく、たくさんの労力を払ってくださった事務局のお兄様たち、スタッフウ~ミネさんのお陰です。
 
 
もう来なくて良いよ、といわれない限り来年も参加してもいいんですかね?w
Img_96172982798885
 
 
 
そして帰宅後はいったんお仕事に復帰して、ラーナ先生のベリーダンスレッスンhappy02
ラーナ先生はお国のウクライナが大変なことになっているけど、ものすごくポジティブで明るい!そしてかわいい!
「イッパイ タノシ アリガトheart04
 
 
24日の本番まであとわずか。 よろしくお願いします。
 
 
 
 
 
 
 
ラストの三連休はほーんとにゆっくり過ごしました。
 
実家に行って老猫をなで、一人暮らしの父のキッチンをピカピカに磨き、父自慢のオーディオにてベートベンなぞ聴きながらの夕げ。
Dsc_0245_2
 
 
 
  帰宅後は吹きこもり、弾きこもり。 フルートは小淵沢で吹き込んだせいか音が出やすくなっている・・・気がする。
 
 
 
 
そうそう、次男の電子ピアノがリビングにやってきたのでコード勉強がてらジャズピアノも始めました。
Dsc_0251
 
 
 
ああ、こんなに充実したのは、結局、私作のおいしいご飯wと音楽とダンスの日々だからなのだheart04
 
 
 
 
 
 充電完了!
 
 
 
明日からお仕事がんばりまーす!!!
 
では、またね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年7月 »