« 恋愛心理学☆女が不機嫌な訳は… | トップページ | ハートに赤チンだもにゅ(≡ω≡) »

恋愛心理学☆女の記憶は…


一般的に女性が仕事で活躍するには、男性よりも訓練して努力しなければならないことがあります。感情のコントロールです。

脳は、大脳、小脳、とそれらに包まれた脳幹からなっています。

大脳は左右の大脳半球に分かれていて、奥にある脳梁=のうりょう、と呼ばれる橋げたのような部分でつながっています。
右脳と左脳を結ぶ脳梁の後部に位置する膨大部の形は男と女で違います。
膨大部の断面積は、女性のほうが広く、そのため左脳と右脳の情報交換が男性よりも頻繁だそうです。

ですから、複数の情報をいっぺんに処理することが得意にできているため、一点に集中しやすく、理性と感情のスイッチを切り替えやすい男性の脳に比べ、情緒的になりやすいんだそうです。

 

さて、そんな男女の違いを恋愛にもってくると面白いことがわかります。

もともと人間は情緒的な生き物です。
愛する人と過ごす時間はとても輝いているし、同じ夕日をみても、同じ食事をしても何倍にも楽しく感じられるものです。

 しかし前述したように、女性のほうがより情緒的であるために、愛する人から得られる「安心」や「快感」をより大切にするのです。

 

ここで興味深いには、女性の、その記憶の仕方。

 一般に、男性にくらべて女性は、快、不快といった「感情そのもの」を記憶します


たとえば、どこそこのレストランでデートをした。という事実より、そこでデートしたときの「嬉しさそのもの」を鮮明に記憶するのです。

男性はというと、もちろん嬉しさそのものの記憶もありますが、それよりも店の場所だったり、話の内容だったりといった「事実」を記憶するものだそうです。

 そんなですから、女性は昨日の彼との甘い記憶(?)なんかも、何度も思い出してはその感情に浸ることができます。気持ちよさを何度も反芻しては楽しめるのです。

反対に、彼と喧嘩をしてしまった、、失恋してしまったなどという場合、その感情に飲み込まれて何も手に付かなくなりがちです。



このように男性と比較すると感情を明確に記憶する女性にとって、快とか不快は人生を楽しくするかそうでないかを左右する大切なものです。

だから女性は美味しいもの、きれいなもの、楽しいことを貪欲に自分の身体に取り込もうとするのです。


特に、
好きな人に愛されているという気持ちよさは最高の快楽です


その反対に、その嫌な感情も、なんども反芻します。例えばそれが、セクハラであったり愛の無いセックスであった場合などは悲惨です。

 常識的な女性なら、「(自分の幸せを願わない)悪い男にやられてしまった」ことは、自分の心と身体を汚されたことと同じです。

その「不快な記憶」はなかなか消えません。これは女性特有の感情です。

 

だから、女性は男性の「心」に敏感なのかもしれません。

 

一方、誠実な男性であるほど、「女性に喜んでもらいたい」という本能的欲求があり、また、恋愛の初めの頃ほど、自分の差し出すこの愛は彼女にとって「快」なのか「不快」なのかというという不安とが同居していて、非常に複雑だそうです。

 いい女であればあるほど、最初のデートやキスやエッチで、彼の人間性や今まで生きてきたあらゆることを見抜くということを潜在的に知っていて、その判決を下されるようで怖いのかもしれません。

 だから、一度身体を許されると、自分のすべてが許されたと思い、ついそれ以上の努力をしなくなってしまう人が多いのかもしれませんね。

 

 

毎回最後は結局同じことですが、

 

恋愛を発展させていくには、「相手の幸せを願うこと」そしてそれをあなたのやり方で表現すること。

そしてそれを持続させることです。←これが難しいんですね~。

 

 

 

 

では、またね。

 

 

 

 

 

 

|

« 恋愛心理学☆女が不機嫌な訳は… | トップページ | ハートに赤チンだもにゅ(≡ω≡) »

「恋愛」カテゴリの記事

コメント

相手の幸せを願い、それを私のやりかたで表現すること~~~☆
kinuはやっぱり大好き!っていっちゃうかな!

投稿: kinu | 2007.09.04 19:39

どーも、こんばんみ。

最近、「恋愛」そのものに面倒くささを感じる誠実イケメンなボクですが、アレですね…

彼との甘いエッチな記憶が何度も何度もよみがえるって羨ましいのですが、ボクは今までどれだけ「不愉快な記憶」としてメモリーされてるんでしょーか…?


ある意味、今夜は熱い夜になりそうデス…。。。。

ナニが…

投稿: hell | 2007.09.04 20:00

今回もなぞが一個解けた!
まいは、彼氏との×○△の記憶が甦っては会社でニヤけるお気楽OLちゃんですが、同僚の彼氏はちゃっちゃと切り替えてお仕事モードです!
ちょっと寂しかったんだけど。切り替えない男もこまるし(笑)

女はその辺をえいやと切り替えて仕事する努力をしましょうってことね~!

さすがともPセンセ、わかりやすくて役に立つ!

投稿: まいたん | 2007.09.04 20:12

自分の脳はこれを見てると男の人の脳も女の人の脳もそれぞれあるなぁ〜と思いつつ、(仕事なんかでは)理性とかの方ではカナリ男脳な気がしました。

愛し愛されっていうのは全く違う脳の作りの者同士で難しいなぁ〜と思いつつ、でも想い想われたりなな関係と愛が作れたら本当に本当に素敵なことですね(≧ω≦)♪

投稿: ひさほ | 2007.09.04 20:15

遠い昔の感情を引っ張り出すと
まさにそうだわ!凄いなー!!
ここ数年(?)は一度に多くの作業を
やってのける自分に酔ってます・・・
女ならではの必殺技だよね?

投稿: ゆうゆう | 2007.09.04 22:44

今回はまた難解なイメージ。
前回のことはきにしないで、もっとおちゃらけちゃっていいですよ!そのほうがともPらしいかな。

投稿: けんた | 2007.09.05 01:55

☆kinuさん

好きな人に好きっていえるのって幸せ(o^-')b☆ガンバ!

☆hellさん

いろいろ熱くて何よりです(謎
きっと大丈夫、「面白い記憶」として残ってますよ(≧ω≦)b OK

☆まいたん

お仕事中に思い出してたらお仕事できないぞ(~_~;
休憩時間のお楽しみにとっておきましょ。

☆ひさほさん

違うもの同士だから、お互い無いものを求めてくっつくんでしょうねd(*ゝc_,・*)

☆ゆうゆうさん

そうだね!
ここ10年間くらいが、いちばん複数処理能力が求められるお年頃。
いちどに3つ4つ処理があたりまえ!
疲れてしまわないようにほどほどでいきましょ(≧ω≦)♪♪

☆けんたさん

え・・・(°◇°;)
むじゅかしかった?
というかつまんなかった?

ニャー・・・・

がんばりまーすw


投稿: tomokov | 2007.09.05 08:18

なんども思いだしてはハラワタ煮えくり返ることのほうがラブな記憶より多いワタシです(爆)

投稿: kyon | 2007.09.05 13:18

確かに「快」か「不快」か悩みますね( ̄▽ ̄;)


女性の場合は体調面からなど
色々な要素から「快」「不快」の
受け止め方がいつも違いますから(¨;)


ただ、それに振り回されると非常に辛いです(;´・`)
相手に合わせてばかりだと
自分が無くなるような気がします(*_*)

投稿: ダウ | 2007.09.05 16:34

☆kyonさん

繊細なのですよ。良いことなのです、ほんとうは。
でも現代はそうとう図太く図々しくないと生きていけないよね。
せっかくのこの感性は大事にしつつ、自分をガードできる技術があると楽になりますよ。

☆ダウさん

やっぱりダウさんは誠実なひとなんだね。
女の子の気持ちなんて全然考えられない人、結構いますから。

ただ確かに相手に合わせてばかりじゃね。
自分の人生だし、自分だって癒されたいし助けて欲しいもの!

そうなるとやっぱり、相互理解、それから思いやりしかないですよね。


投稿: tomokov | 2007.09.05 18:20

記憶って面白いですねー。
思い出に感情がしっかりプラスされている女性って、同性から見ても侮れないものがある気がします。

投稿: ようこ君 | 2007.09.06 00:24

☆ようこ君

感情とつきあうのは時として不便だったりしますが、非情になることだけが強く生きるすべではないと思います。

こんなご時世だからこそ、女性の直観力は大切にされるべきだと思います。

投稿: tomokov | 2007.09.06 08:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123733/16338647

この記事へのトラックバック一覧です: 恋愛心理学☆女の記憶は…:

« 恋愛心理学☆女が不機嫌な訳は… | トップページ | ハートに赤チンだもにゅ(≡ω≡) »