« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

アートセラピー体験会で学んだこと。

お仕事と趣味とボランティアと家庭が(ああら、しらないうちに優先順位がw)とっても忙しくて、気持ちは元気なのに身体がついてゆかなーい。

 

なんだか立ち上がれなくて、昨日の夕方から今日のお昼まではぐったりとしておりました。

 

「いいかげん、休みをとりなさい」という天の声と思ってだらだらとしておりました。

 

 

 

まー、そうはいっても主婦たるもの、6:30には起きてお弁当つくり、洗濯、掃除、買い物、食事作り、こどもの習い事の送り迎えだけはやらなくてはなりません・・・

 

って、休んでないじゃん、わたし!!

 

 

 

というわけで、温泉などにでかけてゆっくりしなければ、やすめないもん!!と、遠まわしにつぶやいてみる。

 

 

 

思えば、ちょっと前になりますが、2・18のビタミンカラーズさんでのワークショップ体験会では、遠方よりはるばるやってきてくれた方、SNSつながりで以前より交流があったものの、お友達を誘ってはじめて参加してくださった方、体験会では初の男性参加者(そのわりには妙に溶け込んでいました)、福祉関係の方などなどが、非常にいい雰囲気の中で業種や年齢を超え、自分の心を見つめなおし、それをシェアしあえたことは、ファシリテーターにとってこの上ない幸せでした!!

 

それから一ついえたのは、表現の自由があたえられることは、人間にとっても重要なことだという再確認です。

とくに心の中身を表現し、それがまわりに承認されることは、人をより豊かに、強くしていくと感じたのでした!

 

ある参加者の方が、SNSで日記にかいてくださったので載せさせていただきました。

 

 

 

 

 

アート「トモPー」!!(笑)

正確には「アートセラピー」です・・・・(^^;;)

 

今日(日付が変わったので昨日かな)、

アートセラピーを受けてまいりました!!(^^)

 

「癒し」「セラピー」に最も縁が無い(笑)

と思っていたオイラでしたが、

mixiの「イベント」コミュでの「トモP」の

コメントをキッカケに参加をしてきました。(^^)v

 

いつもはブラウン管を通して見ていた方が

今日、目の前にいて非常に緊張するのかと

思いましたが、実際はその事を何も考えず、

普通に話をしてました(笑)

 

「マインド・フルネス」を受けているときの事。

    ↑

(リラックスして自分の内面と向き合う状態)

 

リラックスに集中する作業なのだが、

リラックス状態に近づいた時、

「最近、リラックスする事に専念した事が無かったな」と

ふと頭に浮かんだ。

 

最近「頑張る!!」ばかりだったからな・・・・・

 

今まで緊張状態にあった、自分に気が付き

リラックスする事が出来る

大きなキッカケになりました(^^)v

 

リラックスをした状態から、

プレイセラピー(行動療法)を通して

自分の心にあった「悲しみ」「苦しみ」を

浄化する事が出来ました!!

(^^)v

 

人には心に「安らぎ」「癒し」が

必要だなと感じた一日でした!!

(^^)

 

 

 

 

 

ああ、こんな感想をみていると、リラックスをする方法を人につたえているわりには、自分がリラックスすることを忘れている毎日だということに気がついたりして!!(ノ∀`)アチャー

それから、わかちあうことの重要性を認識されていた方、答えは自分の中に必ずあることに気づかれた方・・・。


 


ほんとうに、幾つになっても学ぶことっていっぱいあって、教えているようで、教わっているもんです。感謝、感謝。

 

いちどワークショップを一緒にやると、すごく心が繋がる感じ・・・。それはきっと、心の中をわかちあったから。

 

また、皆様にお会いできるのをこころから楽しみにしています。

 

 

 

 

 

景気付けにネイルを変えてみました!

情熱の赤!!

070228_185301

 

ド迫力・・・w

 

 

 

ではまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ドラリオンに行ってきちゃいました!

お久しぶりの更新が続きましたが、皆様お元気?

シルク・ドゥ・ソレイユのドラリオンに行ってきちゃいました!!!

アーチストたちもスタッフも、本物は違うわ・・・・。



最初の身体グニャグニャ少女もびっくりしたけど、

命知らずのトランポリン男

宙吊り布女・・・とまあ、あまり書きすぎるとこれからの方にネタばれしちゃうのでこの辺にしおきますが、

Repertoire_p_02

Repertoire_p_10






Repertoire_p_05 なにしろ、衣装も演出もイチイチがアーチスティックで、それだけみているだけでも美しかったです。

今日日は空中ブランコもオシャレなのね~~~!!!
と、感動しました。


しかし、空中ブランコや、身体グニャグニャ少女など、いわゆるサーカスを連想すると、

なぜかtomokovはちょっぴり悲しい気分になってしまいます。


それはたぶん、小さい頃母に

「言うことを聞かない子はサーカスに売り飛ばすわよ!」といわれて育った過去があるからかと(笑)


(今思えば・・・母っていったい・・・)


サーカスの少女→売り飛ばされたかわいそうな子・・・・みたいな誤解を・・



すいません、本当にプロの方たちに失礼なんですがっ!!

あれをサーカスとかいっている時点で非常に失礼かと思いますっ!!

でも~・・・。゚(゚´Д`゚)゚。






ところで、ああいった興行っていうのはすごいですね。

だって、テントごと各地を移動するらしいです。
いやはや、すごいことですね。


そして日本公演の来場者は、130万人を越えるのではないでしょうか。
11500円のチケットが、130万だけでも・・・えっと、えっと・・・






すごいですねwヽ(°▽、°)ノ


あと、思ったのは、東洋人ってやっぱり技がすごい

それから、黒人ってパワー・エネルギーがすごい

それから西洋人って、表現力がすごい

やっぱり人種の個性ってあるんだなーって思った。


昨日は、久方ぶりにショウを満喫しました!

素晴らしかったです~~!!








でもやっぱり私の永遠のアイドルデイビット・カッパーフィールドですけどね!

Cocoons





ではまた~

| | コメント (8) | トラックバック (1)

わたし今日お誕生日なの(*´∀`*)

皆様、お久しぶりです!

さぼっていたわけではないんですよ!
18日のワークショップの告知を目立たせたくて、あ・え・て 更新をひかえていたのです!

今日、2月10日はわたくしの40回目のお誕生日です!

40です!

去年も似たようなことを書きましたが、20でも、30でもなく、40なのです!!



いや~~~~。

頑張ってるよわたし!

いい歳を重ねている自信あるよ!!!



・・・・と、べつに誰も褒めてくれないので自画自賛・・・っと。



さて、40年前の今日、わたくしのうまれた東京多摩地区は、27年ぶりの大だったのですよ。

だから、わたしの名前はほんとうは「雪」ちゃんなんです。

雪ちゃんは、なんでも字画が悪いとかで親族に却下になったらしいですが、ずいぶん長いこと、父と母は、雪ちゃん、と私を呼んでいたらしいです。

ちなみに今年は、2月10日中に雪が降らなければ130年ぶりの雪の降らない冬記録更新!ということになるみたいです。

まあ、いろんな時代があるとはいえ、40年前と今とくらべても、地球の温暖化ってやっぱり進んでいるんだなと思います。



さて、40歳というと、どう考えても「人生の節目」ですわな~~~。



儒教的には40っつったら「不惑」といいますね。

子曰、
吾十有五而志乎學、
三十而立、
四十而不惑、
五十而知天命、
六十而耳順、
七十而從心所欲、不踰矩、

子の曰わく、吾れ十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順(した)がう。七十にして心の欲する所に従って矩(のり)を踰(こ)えず。

先生がいわれた、「私は十五歳で学問に志し、三十になって独立した立場を持ち、四十になってあれこれと迷わず、五十になって天命をわきまえ、六十になって人のことばがすなおに聞かれ、七十になると思うままにふるまってそれで道をはずれないようになった」


自分に当てはめてみると、なんか迷ってばっかり・・・・



まあ、迷いながらも、どこか肝がすわってきたかなとも思いますが、これは生まれつき・・・かもw
(いやいやいやいや、こう見えて繊細なトコもあるのよ。)


自分が80歳まで生きられるような気もしないんですが、普通、これが折り返し地点、というのでしょう。


・・・・・・うーむ、なかなか深いですよね、人生。

これからまた半分の人生。

幸せなことなのか、あるいは酷なのか。
それは、今後の自分しだいとなっていくことでしょう。




さて、40年前の通称雪ちゃんは、母からめでたく誕生したわけですが、それが、私ったらせっかちだったらしく、陣痛から誕生までが非常にはやかったらしいです。
よく、タクシーの中で・・・・とか、エレベーターで・・・とかいった武勇伝はママ友の間ではよく聞くところですが、

そこまでは行かずも、分娩台に上がる前に生まれたらしいです。

ようするに、直前で出ちゃった・・・(笑)といったところか?


まあわたくしは息子を産むときタクシーがつかまらず、陣痛が始ってから、運転して病院まで一人で行きましたけどね。←武勇伝の例1



・・・・とまあ、誕生日って結局、母が私を産んだ日・・・・ってことになります。



なんか、えてして人間って自分で生まれて、自分で育って、自分で生きている気でいるけど、結局、

産んでもらって、育ててもらって、生かさせてもらっているんですね。



とりあえず、40歳の節目に私のできることって感謝することだとおもいました。

私にかかわったすべての人たちに感謝。


特に、私を産んでくれた母に感謝。


生きているうちにもっとありがとうを言えばよかった。

今からでも間に合うよね。






では、また。

070210_205401_1

| | コメント (13) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »