« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

またたびでハイにヽ(°▽、°)ノエヘヘヘヘ

週末は、越後の旅にでてきました。

奥只見の紅葉は今が一番の見ごろ!!

ちょっと緑が多いかな・・・と思うけど、これは桜と一緒で、『もうちょっと・・・』というところがいいんだな。

061022_103002
←奥只見の紅葉。小さく見える後ろ姿は酒豪の従姉妹(独身)。

 

    

越後大湯温泉に知り合いがいるのでそこでお世話になることにしました。

かけ流しの天然温泉につかり、しやわせ~~。

弱アルカリの単純温泉、源泉53度でちょいぬるめのさらりとしたお湯~。(´∇`)


むかしから女性に人気の湯治場で有名なんだって。
不妊症に悩むのかたなどが遠くからいらしているとか。



アラ、tomokov、今さらあかちゃんができたらどうしましょう?                                                 (*/∀\*)イヤン



さて、ヘルシーな田舎料理の数々に感動したtomokovですが、
今回、ハマッたのは、『またたびの塩漬け』

またたび、ってあのマタタビです。

猫まっしぐらのアレです。




思ったとおり麻薬物質が混入しているらしく、ギンギンに元気になっちゃうらしいんだよね。キタ-('v')-!!


あんまりたくさんたべたら頭にアレかしら、と思ったのですが、『にゃお~~ん。』『とれびあ~~ん』などと少々ハイになりながら沢山いただきました。(だめじゃん!)


旅に同行した、酒豪の従姉妹から『猫か!?』『欧米か?!』などと面白くもないつっこみを入れられたのですが、ハイなわたくしはもちろんオオウケしてしまいました。

不覚でした(´゚'ω゚`)ショボーン


あ、そうそう、『またたび』って、昔の旅人が疲れちゃったとき、栄養剤みたいにしてカリッと食べ、元気になって『また旅』に出る。だからまたたび・・・・ていうことらしいです。しってた?


 

・・・つーことで、為になるブログを目指しております。うふ。



061023_143801 ←またたびの塩漬け。かじると苦くて、いつまでも舌がシビレます(笑)



  






ついでといっては何ですが、宿からの差し入れ八海山(一升瓶)はもちろん空いてしまいました(自爆)




インフォメーションです。
11/5、tomokovのアートセラピー体験ワークショップを青山にて開催します。
プロを目指す人も、自分探しがしたい人も、幅広く楽しめる内容です。まだ若干お席がありますのでよろしかったらおでかけ下さいね。

詳しくはこちら ←click!

| | コメント (11) | トラックバック (0)

乙女のバカ心シリーズ第二段。

実家でモノの整理をしていたら、大学生のとき仲良しのK子(匿名になってない・・・)と授業中に筆談をしていた走り書きが出てきた。


高い授業料を払って(私立美大)大学にやったのに、授業中にこんなアホな落書きをしていたわけですね。父、母、申し訳ない。

では懺悔の意味で書き記しておきます。


tomokov 「昨日、Mちゃんの家へ行って、傘を返してきた~!」

K子 「へー、帰ったの何時?」

tomokov 「11時!」

K子 「うちでしかられない?」

tomokov 「しかられた、でも平気

K子 「Mちゃんて、群馬から出てきた子?」

tomokov 「そうそう、一浪して学短にいる子、だからいっこ上なのね、すごい話しやすい子」

K子 「お茶のみたい。」

tomokov 「Mちゃん、これからもちょくちょくおいでって言ってくれたから、一つ遊ぶ場所ができたの。嬉しいけどなんかちょっとなさけなーい。」

K子 「彼氏のところならいいのにね。」

tomokov 「そうそう」

K子 「お姉さんなら相談事もできるね」

tomokov 「すごいいい人で、サークルでは『Mさんは心のきれいな人でないと見えない』と言われている。」

K子 「きれいなの?」

tomokov 「普通。Mさんは概念だとも言われている。」

K子 「あはははははは」

tomokov 「こわーい」

K子 「こわーい」





・・・・。???

このバカ娘たち!

微妙に会話がつながっていないのがお分かりいただけるかと思います。



叱られても叱られても門限を破りたおす根性は立派だとしてもだ。


傘を返しに言ったとかどうでもいいコトを授業中に筆談し始め、下宿に招いてくれた学習院短大のMさん・・・・いい人だとか言っておきながら『概念』とか言って。

きれいなの?『普通。』とかいって。

挙句の果てに「こわーい」ときたもんだ。




まあこんな筆談は序の口して、裏面にはもっと恥ずかしいものが・・・・。


かなり笑ったので書き記しておく。

「なんかあ~、Tくんとつきあうのすこしやめようかな~。

だってすごくつらいんだもん。
なんだか、私のプライドっていうかー、今までの自分とかなんだったのとか思っちゃって~。たぶん、Tくんみたいに好きになたことってきっとないし~、てゆうか、きっと私、男のひとのこと好きになったのはじめてかも!

だから、このままでわ、自分がだめになっちゃうような気がする。

なんか、前につきあった子は、ぜんぜんヨユウで、自分に自信がもてたのに、M君とつきあいだして、どんどん自信がなくなっちゃう。

『私のほうが好き!』ってきっと、ステキなことだとおもうのに、私ったらプライドとかがじゃましちゃうの。M君は変わってないのに、私の愛がおおきすぎて、むこうがすごくそっけなくみえちゃってつらいの。だからやめようかなー。」


・・・・ううう。

悩んどるなーー!(爆)

つっこみどころ満載ですな。


061019_100501 ←実物。20年前のらくがき。

頑張れ、19歳のわたし!と思わずエールを送りたくなってしまいました。


きっと、当時のわたくしの脳内は、PEA、アドレナリン、エストロゲン、ドーパミン、オキシトシン、ISRHなどのトキメキホルモンが渦巻いておったことでござりましょう。



ビバ青春!




ではまた。





| | コメント (6) | トラックバック (0)

タイプ7男が夢を語れば・・・byエニアグラム

目の前にビールがあれば飲み干すtomokovでございます。みなさまお元気ですか?

ワークショップに向けてそろそろ素材を集め始めている今日この頃です。

お約束のユザワヤで天然石やビーズ、羊毛、ドライフラワーなどを軽く流した後、近くの公園にて木の実や葉っぱを集めたりしました。

紅葉にはまだ早いなあ・・・。


でも、枯葉や木屑などを物色しながら、秋を満喫したのでした。

もう少しして葉っぱが紅葉したらもう一度行こうっと。

・・・言っとくけど、ご飯でしか秋を感じられないわたくしだと思ったら大間違いですことよ。

夕方、井の頭公園近くの焼き鳥屋さんからモクモクと煙が立ち込めていて、その隣にあるスタバいっつも煙にまかれているのだが、そこでもあくまでテラス席を陣取る外人さん。洋服が焼き鳥の匂いになるで。

そもそも、煙くないのかなあ。Isn't it smoky?・・・・といつも思うんですが大きなお世話でしょうか。




では、ついにタイプ7男をご紹介します。

Type7:どんな逆境もケセラセラ~な男。



あなたの廻りにこんな男はいませんか?

・楽しい計画を立てるのが大好き。
・都合のよい情報は疑わず、すべてよい方向に展開すると信じている。
・明るく楽しい雰囲気。周りの人を楽しませるキャラクター。
・まずい状況になっても「なんとかなる」と思っている。
・子供のように天真爛漫。悪く言えば我がまま。
・あなたを束縛しない。そのかわり自分も束縛されない。
・人が好き。
・いやなことはすぐに忘れる。
・うまくいかないことが続くとキレやすくなる。
・人生の暗い面には眼を向けたがらない。
・誰がなんと言っても私はすてき。

楽しいことが大好きなタイプ7男は、人生のよい面を見つめながら快適に生きていきたいと考えています。
彼は人生のなかに多くの楽しさを発見し、その楽しさをアイディアとして提供したり、色々な計画を立てて実現しようとしています。

彼の頭の中はさまざまな楽しいプランでいっぱい。
このプランを全部実現しようと思ったらいくら時間があっても足りないと感じています。

また、行動力や独立心があり、何でもやりたがりのタイプ7男は欲張り
自分にとって魅力的なものは何でも手に入れたいのです。

一見、タイプ3にも似ているような感じがしますが、タイプ3と決定的に違うところは、「誰がなんと言っても私はすてき」という確信を持っているところです。

タイプ3のナルシストさは、「あくまで他人に認められての自分」であり、人から批判されれば落ち込みます。でもタイプ7の恐ろしいところは(笑)人の評価は気にしないという点にあります。



タイプ7の囚われとは?

タイプ7男の囚われは、苦しみを避けることにあります。

良くない出来事にはふたをし、悲しいことやつらいことにも目を向けようとしません。
そうして無意識に苦しみからのがれることで、自分の人生が常にうまくいくものだと思っています。苦しさに直面すると彼のすてきな未来が壊れてしまいそうで怖いのです。

苦しみを避けるタイプ7はひとつの事を成し遂げるのが苦手

なぜなら、ひとつのことに集中しつづければ、楽しくないことも出てくるし、自分の能力を疑うような場面も出てくるからです。

こうして多くの楽しい計画を持っている天真爛漫なタイプ7男には、多くの楽しみを掛け持ちしてつまみ食いをしたい願望ゆえ、大雑把さや無頓着さという弊害があります。

人の心情の変化を把握したり、デリケートに人の苦しみを取り除いてあげるということは不得意です。
彼にメンタルな何かを相談しても「そんなこと気にしない気にしない!」と一笑されるでしょう。
彼はそういってあげるのが優しさだと信じているのです。



タイプ7の素晴らしい花


物事すべての良い面に目を向ける楽観主義を基本に、たくさんのアイディアを提案し、
幅広い人脈をいかしてあたらしいものを作っていく彼は、創造性への熱意と進取の気性をもっています。

他の人が不可能だと思うことのほうが彼のユニークな発想に対するエネルギーが湧き、自分なら必ずできるという確信の上でテーマに立ち向かうのでその姿は魅力的です。

彼がいつも発しているのは「ほら、楽しいだろ?僕と一緒ならなんでもできるよ」というメッセージ。

一見軽はずみな印象をあたえますが、その自信満々で理論性にも長けた話しっぷりをきいていると、だんだん本当にできるような気になってきます。

ポジティブシンキングの効用を、タイプ7男は生まれながらに知っているのです。

タイプ7の男の傾向と対策

タイプ7男が自分のアイディアを語るとき、「そんなことできるわけないじゃん!」とか「詰めが甘い」などの批判はしないほうが良いでしょう。

彼はありえないような夢を語り続けることでエネルギーを生み続けているのです。

彼に冷静沈着さを求めるととたんにパワーダウンします。

肯定的な姿勢から、「ここはこうしたほうがもっとよくなるんじゃない?」などの提案をしましょう。

そして深刻な心の悩みなどは彼に相談するより、あなたの親友や専門のカウンセラーに相談したほうが良いかもしれません。
なぜなら彼はなかなかポジティブに切り替えられないあなたを理解するのが難しいので、癒されたいあなたには不満が残るでしょう。

一人のパートナーに縛られることを望まないタイプ7男はパートナーが変化することを歓迎します。彼はつまり飽きっぽいのであなたがもしタイプ7男とながく付き合っていたいのなら、あなたが何通りもの魅力を演出しましょう。
髪型でも下着でも会話でも、いろんなバリエーションを持ちましょう。

あなたの多様性になんども惚れ直させりゃいいってことです!




では健闘を祈る!

↓↓↓↓

あなたのタイプは?無料診断

| | コメント (6) | トラックバック (0)

アートセラピー体験ワークショップのご案内

オーラソーマカラーセラピストのスペシャリストを養成する専門学校「ビタミンカラーズ」にて一般公開。

一日ワークショップを開催します。



楽しくアートセラピーを体験しよう!

日時:2006年11月5日(日)
   10:00-16:00
定員:15名
※別途教材費として500円

場所     株式会社ビタミンカラーズ
     東京都渋谷区渋谷2-2-2 青山ルカビル6F
     TEL:03-3486-7886
料金     10,000円     講師     中野 とも子

申し込みはビタミンカラーズのウェブにてご予約ください。

ビタミンカラーズweb ←click !

アートセラピーが初めての方や絵を普段書く習慣のない方はもちろん、セラピーにアートを取り入れたいと考えるプロのセラピストの方にも気軽に参加いただけるようにデザインしました。

まずアートセラピーとは?という初めの一歩をわかりやすく説明します。

そして深い呼吸とともに、心をほどき、心をニュートラルにするトレーニング法や、創造力を高めるイメージトレーニング法「描く」瞑想法を取り入れ、一緒にリラックスしながらウォーミングアップしていきます。

Cosmos019a

そして、フワフワの羊毛、キラキラする石、色々な素材を使いながら、心地よい音楽に身をゆだね、楽しく体験していくうちに・・・・不思議不思議!気が付いたら無心になって子供のように自分を生き生きと表現していく自分と出会うことでしょう。

Happaki04a

今回は、皆さんといっしょにイメージの力を使って、時間旅行に出かけましょう。

あなたがきらきらと輝く時のあなたの「力」。誰も持っていないあなただけのエネルギーの存在を感じましょう。

途中で、つらかったことをふいに思い出してしまうかもしれませんが、今こうしてあなたがここにいるということは、きっとあなたが「その時使った力」に助けられたからです。

あなたを助けたエネルギーの存在を確認し、感じましょう。

そして、これからの人生をよりパワーアップさせるために、あなただけの「力」をアートで表現し、分かち合いましょう。

そしてその強いエネルギーが、どんどんパワーアップしてあなたのこれからの人生の助けになるよう、聖なる法則を伝授します。

あなたは表現するすばらしさに感動するとともに、本当の自分に出会うことでしょう!


青山にてお待ちしています。どうぞいらしてください。    とも子

| | コメント (6) | トラックバック (0)

タイプ6男に愛を疑われたら!byエニアグラム

こんばんわ!

関口さんⅡの公式ホームページで、アル中呼ばわりされているtomokovでえす(笑)

みなさんお元気かしら?

まあ確かにちょっと最近飲みすぎですなあ!

しかーーーし

美味しいものがたーんとある秋ですもの!


ご飯もいいけどお酒もね♪(*´∀`)


さて、チマチマと進んでまいりましたエニアグラム、今回はタイプ6の男でございます!


Type6:石橋を叩いて壊す男。

あなたの廻りにこんな男はいませんか?

・上司や権力を持っているひとを批判する傾向がある。
・慎重すぎるほど慎重。
・嫉妬心・独占欲が強い。
・基本的にネガティブ思考。
・でしゃばらない。目立たない。
・しっかりと下調べをする。
・他者を守る。弱者を守ろうとする優しさがある。
・パートナーが何を考えているかをいつも気にする。
・でしゃばらない。
・立場が悪くなると逆切れすることが。

責任感があり、社会に順応して生きていこうとするタイプ6男は真面目で信頼でき、よき市民といった印象です。

タイプ6の根底にあるものは「信頼」。
パートナーを信頼することができれば、よき夫となるでしょう。

彼は常に「権力」というものを意識します。
自分を支配するものが何なのかをいつも考えているのです。

その「支配者」が、信用できる人物であれば、その支配者に忠誠をつくします。
でもその「支配者」が彼にとって信頼できなくなるととたんに攻撃的になったりします。
まじめなタイプ6男がティーンエイジャーのときに非行に走ったりするのは、親や教師(支配者)に対する不信感が原因です。

恋愛においても、相手にもとめるものは誠実さや責任感です。


疑り深いタイプ6男は、女性に対してもそうです。
例えば、女性がタイプ6男を褒めるとします。

彼がその褒め言葉に納得がいかないとすると、彼女に対して「その下心は?」「自分に期待されても困る」と感じます。


タイプ6の囚われとは?


タイプ6の囚われは、「内面に恐れを持つ」ことにあります。
いつも心に不安感があるのです。

強い支配者に守られ尽くしたい気持ちと、権力に反抗し、自尊心をまもりたいという一見矛盾した気持ちが混在します。

そんな「不安感」から、疑いの心が芽生え、ものごとのネガティブな部分に目が行きがちなのです。

明るい将来に対して懐疑的で、人生を楽しむことが苦手なタイプ6ですが、さらに厄介なことに、夢や成功を手にしそうになっても、あえてそれを手に入れるのを先送りしてしまう悪い癖があります。

「いいことの後には悪いことが起こりそうな気がする」という不安感がそうさせるのです。なので彼は苦労をしている最中の方がかえって精神的に楽という、逆説的な幸せを感ることがあるのです。



タイプ6の素晴らしい花

おいおい、なんだか暗いぞタイプ6!(´;ω;`)

と思いますが、中庸を重んじ、彼は信頼関係を大切にし、忠誠を尽くせるという、昔の日本人のよさを持っています。

タイプ6は、義務や責任を忠実に果たします。控えめで他人を立て、信用できる人です。

信頼関係さえしっかりと築ければ、男としての責任をきっちり果たす生真面目な男なのです!


タイプ6の男の傾向と対策


なにかと気難しい(笑)タイプ6ではありますが、彼のハートを握っていたいと思うなら、「一貫性をもつこと」です。
一般的にはいろんな顔を持つ女性は魅力的ですがそのつかみどころの無さは彼には通用しません。

かえってそのアプローチは彼の猜疑心を働かせ、あなたを信頼しなくなってしまう。



彼には同じ調子で一貫しての愛情表現をし、誠実さをアピールすること。



またポジティブな思考を説くことは彼にとっては胡散臭いだけ。(笑)

いいことを並べ立てるのではなく、

「最悪の事態になったら、一緒にかんがえましょうね。(*´∀`*)

などといい、ネガティブ思考をうけとめつつ、「あなたを見捨てたりしないから」というメッセージを送れば、彼は安心し、あなたを信頼するでしょう。

たとえばあなたを質問攻めにしたり、問い詰めるような態度をとるときがあるでしょうが、それは彼の愛情表現なのだと解釈してあげましょう。

彼は不安なのです。その不安を取り除くような優しい対応をすれば、彼はあなたに感謝し、ますます愛を深めていくでしょう。


タイプ6には、母の愛!

がんばってね。




↓↓↓↓

あなたのタイプは?無料診断

| | コメント (6) | トラックバック (1)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »