« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

今生のすべての恋人たちへ。

今年ももうカウントダウンですね。

tomokovにとってこの2005年という年は、本当に意味の深い一年でした。

ベストは尽くしたから悔いはないぞ。

遅咲きにもほどがあるけど、40を間近にしてやっと人生についてちょっとだけわかってきた気がします。


そうそう、クリスマスイブの日、ガイア地球交響曲第4番の自主上映会があったので見に行ってきました。

ガイアとは大地の女神(地母神)の名前です。
ガイア理論は、イギリスの有名な 生物物理学者ジェームズ・ラブロック博士によって立てられた理論で、
おおざっぱに言うと、

地球はそれ自体が大きな生命体である。
全ての生命、空気、水、土などが有機的につながって生きている。
これをGAIA(ガイア)と呼ぶ。

と言うことなのですけど、

映画「地球交響曲」のシリーズは、彼の理論に勇気を与えられて、1989年にスタートしました。

もし、母なる星地球(ガイア)が本当に生きている一つの生命体である、とするなら、私たち人類は、その"心”、すなわち"想像力”を担っている存在なのかもしれません。
私たちはその"想像力”によって化学技術を生み出し、地球の環境を大きく変えて来ました。

現代の地球の環境は、良い意味でも、悪い意味でも、人類の"想像力”の産物だ、といえるのです。

だとすれば、危機が叫ばれるこの地球(ガイア)の未来も又、人類の"想像力”すなわち"心”の在り方に依って決まってくるのです。



ガイア交響曲第四番のテーマは

「21世紀に生まれ育つ子どもたちのために」。

先のジェームズ・ラブロック、
版画家名嘉 睦稔 なか ぼくねん
  野生チンパンジー研究家、ジェーン・グドール
ビッグ・ウェイブ・サーファー ジェリー・ロペス


この四人が、自分のなかの「霊性」を、たんたんと自分たちの言葉で語っていました。

印象に残ったのは、
映画ビッグウェンズデイにも伝説のサーファーとして登場したジェリー・ロペスの、
21世紀に生まれ育つ子供達へのメッセージです。

Keep puddling. 漕ぎ続けろ。

サーファーは一日8時間も海にいるけど、波に乗っているのは20分にも満たないんだそうです。
でも、自分の波は必ずやってくるから、だから漕ぎ続けろと。
自分の波に乗れたとき、人間は「空」になれる。最高のひとときだと。
彼の語り口は穏やかで、大自然のに全てを委ねることによって生まれる“空”の時を楽しげに語るのでした。

あと野生チンパンジー研究家、ジェーン・グドールの、切り開き決断する男性性と、受容し許す女性性のバランス感覚は、
本当にtomokovの目標となる女性像なのでした。


彼女のメッセージは

Love,Hope,Understanding. 愛、希望、相互理解。



相互理解・・・。

これは、相手あってのことだからすごく難しいですね。
tomokovもまだまだです・・・


それからtomokov の2005年、一番の事件。
それは前世からまた会おうねって約束した人と再び巡り会えてときを共に過ごせたことです。
時を越えることってあるんだと思いました。


ほんとうに幸せなことです。

ほんとうにほんとうに。

ありがとう。




さきほどから頭の中でこの歌がリフレインしているので、
今更ながらですが載せておきます。

今生のすべての恋人たちへ。


花びらのように散り行く中で 
夢みたいに君に出逢えたキセキ
愛し合って ケンカして 
いろんな壁 二人で乗り越えて
生まれ変わっても あなたに逢いたい

花びらのように散ってゆく事
この世界で全て受け入れてゆこう
君が僕に残したモノ
「今」という現実の宝物
だから僕は精一杯生きて 花になろう

花はなんで枯れるのだろう
鳥はなんで飛べるのだろう
風はなんで吹くのだろう
月はなんで 灯り照らすの

何故ボクはココにいるんだろう
何故キミはココにいるんだろう
何故キミに出逢えたんだろう
キミに出逢えた事 それは運命

花びらのように散り行く中で 
夢みたいに君に出逢えたキセキ
愛し合って ケンカして 
いろんな壁 二人で乗り越えて
生まれ変わっても あなたに逢いたい

花びらのように散ってゆく事
この世界で全て受け入れてゆこう
君が僕に残したモノ
「今」という現実の宝物
だから僕は精一杯生きて 花になろう

雨上がり 虹架かり 蒼あらしに生まれし光
ここに揺るぎない大切な物
気付いてる「愛する」ということ
まだ歩けるだろう?見えてるんだもう
「想い」 時を越え 永久に響け
君の喜び 君の痛み 君の全てよ
さあ、咲き誇れ もっと もっと もっと 

hiruzutower


みなさん良いお年を。















| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年の集大成!第九を聴きに行っちゃった!!

忘年会もそろそろいい加減にしないとね!

というわけで、26日忘年会ラストを飾ったのはテレビ埼玉「関口さんII」でお世話になっている事務所の忘年会でした!

もちろんイタクラちゃん南クン幹事
スターチャットTVでおなじみのタレントの恋(REN)クン、真樹京介クンTHE NIGHTSのネタや

豪華賞品のビンゴ&現金が飛び交うじゃんけん大会、そして南&板倉で南板クッキーズとして幹事自らネタを披露するなど、

見てる方は面白いけど幹事はたいへんな忘年会でした。


しまいにはなんと関口さんIIでご一緒している寿史ちゃんたちとカラオケへ。
いやはや!寿史は歌うまいわ〜〜!!!姉さんびっくりよ〜〜!!
jyurikaraoke

←歌う寿史。激ウマ




そしてそして・・・・


tomokovが待ちに待った日がやってきたんだよ〜〜。

なんと、レニングラードの第九のチケットがとれまして!

みなとみらい大ホールまで行ってきました。 \(・∀<☆)/ヮァィ



tomokovが特別にクラシック音楽に造詣が深いかというとそんなでもないのですが…。
でもでもベートーベンの第九は、tomokovにとってほんっとに特別なものなのです。。。

何年も前、tomokovが人生につまずいてどうしようもなくなったとき、
tomokovに元気をくれて、立ち上がらせてくれたのがアートセラピー、そして第九なのでした!


突然思い立って、ある年の瀬に第九を聴きにいって(奇しくもレニングラード国立歌劇場管弦楽団)

そのときホールの光の加減でピカピカ光っていたフルート、よしあれを始めよう!と年明け早々フルートのお教室の門を叩いたのでした。

おもえば、私はなりたい自分になろう、アートセラピストになろう!と思ったのも、第九の「歓喜の歌」に影響を受けたからでした。


あの頃は無駄に責任感が強くて、固定観念が強くて、人生に対して懐疑的で、刹那的で、何でもわかっているような口をきいていたけど、実は何にもわかってなかった。
事実はただの事実。それに味を付けるのは自分。
幸せを感じるのは今、ここでしかないのに、目の前の幸せをわざわざ自分で遠ざけていたのです。
自分を喜ばせること、楽むことが悪いことのように思っていたのですね。


もうすでに聴力を失っているベートーヴェンの交響曲第九番が完成したのは1824年、皇帝ナポレオンが死去したのが1821年ですからその辺りです。


それから170年余りもひとを感動させ続けているなんてすごいよね〜〜!
なんか、第四楽章を聴いてると、過去170年の亡霊まで歓喜しているような感じさえして、ものすごく宇宙的な気分になるのはtomokovだけでしょうか。

minatomiraidaihoru_
←嵐の前の静けさ。開演まえの会場です。




ではでは、tomokovの人生に影響を与えた「歓喜の歌」和訳詩をご紹介します。





ああ友よ、このような音ではなく、
もっと快い音に声を合わせよう。
歓喜に満ち溢れる音に。
歓喜(joy)よ!

歓喜よ、美しき詩的霊感よ、
天上の楽園の乙女よ。
我々は火のように酔いしれて
崇高な汝(歓喜)の聖所に歩みいる。
汝が魔力は再び結び合わせる。
時流が強く切り離したものを。
すべての人々は兄弟となる
(シラーの原詩:
時流の刀が切り離したものを。
貧しき者らは王侯の兄弟となる、)
汝の柔らかな翼がとどまる所で。

ひとりの友の友となるという
大きな成功を勝ち取った者、
優しい妻を得た者は、
彼の歓声に声を合わせよ。
然り、地上にただひとりだけでも
心を分かち合う魂があるといえる者も。
そしてそれがどうしてもできなかった者は、
この輪から泣く泣く立ち去るがよい。

すべての被造物は
創造主の乳房から歓喜を飲み、
すべての善人とすべての悪人は
創造主の薔薇の踏み跡をたどる。
口づけと葡萄酒と死の試練を受けた友を
創造主は我々に与えた。
快楽が虫けらのような弱い人間に与えられ、
智天使ケルビムは神の前に立つ。

神の恒星が
天の壮大な平原を通って飛ぶように心楽しく
走れ、兄弟よ、自らの道を。
勝利に向かう勇士のように喜ばしく。

さあ抱き合おう、千万の人々よ!
この口づけを全世界に!
兄弟よ、この星空の上に
愛する父なる神が住んでいるに違いない。
ひれ伏しているか、千万の人々よ。
創造主を予感するか、世界よ。
星空の上に神々を求めよ。
星々の上に創造主が住んでいるに違いない。


kyodaikuma

現実に戻るけど…。
忘年会のビンゴの景品、巨大クマ。 
左下に光るのがジッポのライター。この大きさがお分かり?

はっきしいってじゃまなんすけど…

| | コメント (6) | トラックバック (0)

忘年会レポ!〜ウコンの力を試す日々〜

忘年会シーズンです。

21日はtomokovも一枚かませて頂いている巨大掲示板ミクルの発足記念忘年会でした!
新宿の高層ビルを一望できる会場で、代表が作るたこ焼き、奥様お手製のパン&x'masケーキをほおばりながらかなりアットホーム&ゴージャスなホームパーティでした。

shinjyukuyakei

窓の外に広がる副都心のパノラマを眺めてビールを飲んでいると、

「ワシも一旗あげたるばい!!」

という気分になってくるのは不思議な心理ですね。(´〜`ヾ)


tomokovが引きずり込んだ某コミュニティの有名人ことデザイナーTなどは、


「ちきしょう、結局金かよ!」

とくだを巻く始末。

あげくのはてには代表にむかって


「やっぱり男は金っすかね?!」

などと直球をなげるT。

そんな直球にもひるまず人の良さそうなほほえみを浮かべて

「結局の所、そうでしたね。(⌒_⌒)」

とかわした代表。さすが。

「ちきしょう、男は金じゃないって言って欲しかったッスよ。ちきしょう。」

とごねるTをなんとかなだめるために、

会場に来ていたアイドル桜井由香里ちゃんをちょっと貸してあげました。

toshikiyukarin

←ちょっと写真を加工。これならTの機嫌も治るだろう。







yukarin
←ゆかりん☆さすがにかわいい〜〜(*´▽`*)

タレント業も忙しいゆかりんは、なんでもモータースポーツの雑誌にコラムを書いている様子。カートの実力もかなりなものだとか。
(どういった実力なのかはおいといて・・)

1/1発売の雑誌ジャパンカートはゆかりんが表紙を飾ります。みんな本屋さんへGo!



tomokovyukarin
←調子にのって姉さんもパチリです。










ゆかりんも同じ記事書いているのでごらんあそばせ〜!

ゆかりんのブログ←Click here!



そんなわけでゴージャス&アットホームなパーティの夜は更けたのでした。

いやはや・・・tomokovの肝臓もけっこうキテる模様。
トシだなあ〜〜・・・|ヽ(〜〜。)

まあ一度「飲めないんでウーロン茶で・・・」とか言ってみたかったからいいか。←あくまでポジティブ(苦笑)

今年もあとわずか!!!

忘年会あと数コマ(笑)& 第九を聴きに行ってしめくくろう〜〜!!

minamimikuru
←おまけ。ゆかりんの護衛で来た南クン。手持ちぶさた風。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

関口さんllDVD発売だぞ!

ひさしぶりの更新です。
展示会のあと、tomokovときたらまた、色んな事をしていました。

まず、11/27にアートセラピストの最高峰といわれる(!)「マスターアートセラピスト」の試験をうけました。

12/3に表現アートのワークショップで魔法の杖を作りました(笑)

これでtomokovも魔女の仲間入り、というわけです(謎)

それから、12/11にはフルートの舞台がありました。
場所は吉祥寺のラ・フォルテ
一階は本格的なイタリアンレストランになっていて、地下に音楽ホールがあります。

バタバタの中、たいした練習もできずに立った舞台ですが
チームでアンサンブル1曲、それからソロを1曲演奏しました。

スポットライトを独り占めのソロもかなり病みつきのワタクシでございますが
なんといってもtomokovは、アンサンブルが大好き!!!

曲は「Try To Remember」。

チームのY嬢、T嬢、S氏とtomokovの気持ちがいっこになったとき、すごーくいいハーモニーになるんだよこれが!
脳内エキスがまたドバーッと出る瞬間です。

あああ・・・幸せすぎます"(ノ_・、)"

チームの皆さんは和太鼓のチームの奴らとは違ってとても謙虚。
みなさんとってもお上手なのに、もの凄くアガってしまうそうです。

S氏などは、この舞台を成功させるために大好きなお酒を断って願掛けしていた模様。

来年も、このチームでアンサンブルをやりたいです。

ああそうそう、関口さんIIの収録もありました。

相変わらずスタッフはバタバタ、イタクラちゃんは走り回る、tomokovは黒マントですが(笑)

今回もなんとか盛り上がって収録できたのではないのかね?と思います。


前夜0:30ごろ台本の事で事務所に電話をかけてみたtomokovですが・・・

ふつーに電話でるし・・・女性ADタカハシちゃん・・・(涙)

ふつーにこのまま泊まりますとかいってるし・・・Dタケダ氏・・・(涙)

ほんと、制作って大変ですよね〜。

なんと!!関口さんII公式blogが出来たと言う情報を入手しました(笑)

しかも!!!
関口さんllDVDも発売!!ああびっくりした。

82sk2s関口さんII8月〜9月収録DVDのリンク

81sk1s関口さん2~万田兄弟special~その1(仮)へのリンク

ま、そんなわけで・・・・。

 

harukachanお写真は、楽屋で工藤晴香ちゃんが衣装チェックしているところを激写!!
貴重な一枚といえましょう〜〜!




それから、数々の忘年会
ああ、今月何コマの忘年会にでたことでしょう?
こうして色んな方面の色んな皆様と今年の労をねぎらうことが出来て、もの凄くしやわせだよ。"(ノ_・、)"

ああ、何から話していいかわかりませんが、
とりあえず、マスターアートセラピストの試験にみごと合格したことだけおつたえしときましょう!!

もちろん、資格がお仕事をするわけではないのですが、やはり努力が認められるというのは嬉しいものです。
だから益々勉強を重ねなくてはなりませんね。

魔女の杖のつくりかたに関しては次回レポートしますのでこうご期待。

忘年会の嵐はまだまだ続きます!



ウコンの力でがんばるで〜い!!(*´▽`*)

isetantree新宿伊勢丹で大切なひとのX'masプレゼントを物色中にパチリです。
みなさんはもう決まった??

ではまた〜〜!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »