« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

関口さんII 収録レポ3

いよいよTV埼玉水曜24:30〜放送の関口さんII も三回目の収録でえす。

タレントさん達はさくさくお洋服にお着替えして、
ちゃかちゃかメイクをし、
さくさくと台本の読み合わせなどをして忙しそう。
特にセブンティーンモデル晴香ちゃん などはファッションリーダーとして
最新のお洋服をばりっと着こなします。

050809_1529001
やっぱかわいいわね〜〜〜。ノ(´д`) ヘヘヘ
それに、細!!



そしてタレントの静香ちゃん寿史(じゅり)ちゃんも、

ねーセンセイ、ドライマンゴーたべますか、今コンビニで流行ってるんですゥ。

ねーセンセイ、わたしどんどんエロキャラにされてるんですゥ。

なんていって、んもう〜、かわいいのよう!(〃∇〃)

いやはや、tomokovはなにしろ出番が少ないものですから、
待ち時間、色んな事ができるわけですね。
最初のうちは真面目に心理学の本などを読み、

アートセラピーコーナーの理論武装などをして、

ああいえばあこうゆう若者たちに立ち向かう準備をしていたtomokovですが
何回か本番を経験して、

「ああ、この子たちはもはやそんな用意をしても無駄である」と悟りました。



なんたって、無茶な絵かくんだも〜〜ん。

予測なんて、たてられないもん。


だから、毎回、ぶっつけでやってます。(滝汗)

ですので空いた時間は、いろんなことを観察してあそんでいまーす。

いやーしかし、
タレントさんもさることながら、

tomokovが毎回感心するのは制作の女性スタッフであります。

彼女たちは男性と変わらぬ働き方をし、
かつ、女性らしい気配りをし、
かつ、男性スタッフのハード・コアなセクハラにも耐えているのでございます。

試しに、
tomokovにアホウドリの付いた黒マントを毎回脱ぎ着させてくれたり、
お茶にストローをさして手渡してくれたり、
出番になるとむかえに来てくれたりとなにかとtomokovのお世話担当をしてくれるイタクラちゃんに、

「イタクラちゃんはさ、カレシはいるの?」

などと、ワイドショウばりの質問をしてみました。
すると彼女、涙ながらに

「いないですよ!忙しくて、できないですよおお〜〜!」と叫ぶではないか。

そういえば真夜中に電話しても出るし・・・
朝イチ会議にいってもお茶だしてるし・・・

わかった。
じゃ同じ職場のカレシをつくったらずっといっしょに居られるよ、といってみたところ、

うぎゃーー!いやですよ!」という。

社内恋愛が禁止なわけではないらしいが、
もはやお互いあまりにも一緒にいすぎてそういった感情が湧くよしもなさそうです。

先日などは、社内で作業中、しゃがんだときにローライズのジーンズからはみ出た「ケツ」が、

「わいせつ物陳列罪」

の罪に問われたそうです。

しどい・・・・(涙)

「みいちゃった、ラッキー

くらいいってやれ・・・・・・

 

まあそんな「野麦峠なイタクラちゃん」にぜひにも幸せになっていただきたい。

だれか、お金持ちのイケメンの方、白馬にのって むかえに来てやっていただけません?

かわいらしいしいい仕事しますわよ、tomokovが保証いたします。

さて、イケメンといえば最後に総合司会の唐沢充クンですが・・・

ドラマ「ドラゴン桜」や、8/28放送のウルルンにも出演され、ますますご活躍ですね。
実は今日、tomokovは勉強中の気学で彼に占ってさしあげましたのー。


し・か・も・!!



休憩時間だったので時間が無くてお着替えしながらなのよ!きゃーーっ!

ライダーが、ライダーがいきなりふくぬぎはじめたのよっ(/ω\)

おもいきしマジ話だし、にやけちゃイカンと思えば思うほど顔がゆるんできちゃってまいったわ〜!(爆)






いやはや、鼻血でなくてヨカタ・・・ ヽ( ´ー`)ノ



ではまた。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

信玄ソフトクリームの謎

地震があってもあまり気が付かないことで有名なtomokovですが、
先日また中越地方で地震があったのですってね。びっくりです。

tomokovは東京で生まれましたが、父方のルーツがなんと新潟は南魚沼郡、米どころでございます。
ですので我が家には混ぜものなしホンマモンの魚沼コシヒカリが地元農家より直販されているのです。
お米に妥協は許されません。

六日町は冬ともなれば玄関から出入りしようとおもうなよ、とばかりの豪雪地帯です。

そんな地域になんと13代(400年にもなりましょうか)にもわたって住み続けているお家がtomokovのおばあちゃん家です。


大名行列
が宿泊した
、というのは地域では有名な話。
祖母はもうとっくに亡くなりましたが、祖母はいつも和服でなが〜いキセルを吹かしておりまして、結構な美人でございました。

中越地震は記憶に新しい所ですが、そのときtomokovはもとより実家の人間が思ったこと、それは


「アノ家がどうなったか・・・」
でした。

豪雪地帯で頑丈な家とはいえ、すでに重要文化財にもなろうという古い家屋、
もしかしたら全壊してもなんら不思議はありません。

ここまできたら「全壊、もしくは無傷」
わたしは無傷に一万円・・・

tomokovの脳裏でそんな不謹慎なバクチがうたれていようとは親戚一同知るよしもなかったわけですが


「窓ガラスがいちまい割れただけだよ〜」

といういとこの信子の話を聞いたとき、バーチャルなギャンブルとはいえたった一万円しか賭けなかったオノレの小ささを恥じたtomokovなのでした。

ま、その一万円は、日頃の自分へのご褒美にリフレクソロジーのアトランティスコースで至福の時間に使わせて頂きましたけど・・・(*´ー`)

 

で、ほんとうに丈夫だということが判明したおばあちゃん家だったわですが、
よく考えたらハンパでない大黒柱だということを思い出し、妙に納得した次第です。
まあ、人生、特に家庭においてもそれはひとごとではありませんね。(苦笑)

さて、盛りだくさんなイヴェントの合間をぬって、信州へ旅行してまいりました。

さんざんウマー(⌒◇⌒) な旅館メシを食べておきながら、今回tomokovが「おいしいかも・・・」と唸ったのは

帰りの八ヶ岳インターチェンジで食べた元祖信玄ソフト(ミニサイズ200円)。

なんでも境川ICの信玄ソフトは信玄餅&黒蜜がかかっているらしいが、
tomokovがたべたのは、ミニサイズの普通のソフトなんだよねー。

もしかして、店員さん、信玄餅忘れちゃったのかなあ・・・

信玄餅がはいっているなどとはつゆ知らず、
どこのどの辺が「信玄」なのか結局わからずじまいの普通のバニラソフトクリームでしたが

美食に飽きてしまったtomokovはこんなものが最近オイシイの。

おせちもいいけど、カレーもね!というところでしょうか。
ああ、人間って強欲。



050821_1258001あ、でも上高地付近で食べた信州蕎麦と鰆の笹焼き定食、こちらも美味しゅうございました。

あしたは、夏休み特別企画の子供アートセラピーイヴェント
いよいよです。

アクシデントに見舞われ、あわやキャンセルか?という所だったこの企画でしたが、
頑張った甲斐あって、開催にこぎつけました。

ここまできたら最高のワークショップにいたします!!

ちびっこ達を骨抜きにしてあげるから覚悟しな〜!!

・        ・・・ってちびっこメロメロにしてどおする?わたし!!?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

メンタルセックス

あっちい〜〜!毎日です!

エアコンの効いた部屋からいっぽも外に出たくな〜〜い!なんて思いがちです。

でも、今年、六白金星の星にギンギンに導かれているtomokovは、
マタ〜リしている時間がもったいなくて、
仕事の合間を見ては勉強会にいそいそと出掛けます。

先日はナタリーロジャースが提唱するクリエイティブ・コネクション、表現アートの勉強会にいってきました。

tomokovが学んでいる表現アートとは、ゲシュタルト療法をミックスしたセラピーで、主に音楽や光の揺らぎに身体を委ねたムーブメントとアートを用いて、自分では気づかないからだや心の深層の知恵にアクセスする方法。

今回のテーマは、「愛を与え、受け取るムーブメント」でした。
これは、今までの課程でかなりの葛藤やコンプレックス、シャドウなどとさんざん戦ってきてのテーマですので、

「おお〜、いよいよ佳境か」なテーマ。

人間が産まれてから死ぬまで求め続けるもの。それはです。


人の心が満たされる原理をユング心理学的な観点から説明しますね。

心の中に「幸せのコップ」があるとして、宇宙の彼方から、もともと幸せの元、「自己承認のオイル」が源泉のように湧いているとする。

そのコップに自己承認のオイルをなみなみと満たして始めて人間は「満たされた気持ち」になるわけですが、生きていく上でその大切なコップは様々な傷が付き、オイルはどんどんともれてしまう。
そして漏れて無くなってしまったオイルを補うために私たちは他人から「承認」を得よう、(愛を得よう)とするわけです。

でも、肝心のコップは壊れているわけですから、コップが満たされて満足なのは一瞬だけ。せっかくのオイル(愛)も、また漏れて無くなってしまう。当たり前ですね、コップは割れたままなのですから。

そして更に他人から・・・・と、私たちは延々虚しい作業を繰り返しているわけです。
肝心なのは、他からオイルを補うことではなく、コップの修理です。

まずは、コップ(ハート)を癒し、傷をお手当してあげることが肝心なのです。

それさえ行えば、他人からもらわなくたって、自然とオイルは満たされる。なぜなら、元々「自己承認のオイル」は脈々と宇宙から注がれているのだから。

まあこんなことがベースになっているのでかなりスピリチュアルウ〜☆な感じです。

もともと「今ここ」にある愛を感じ、「私」の身体を通してムーブメントとして、仲間に与える。仲間はその「愛」を目に見えるもの(視覚化)としてうけとり、またムーブメントとして承認する。

いわば、ポジティブなエネルギーの交換、もっというとパンツを脱がないセックスええ、言わせてもらえばパンツを脱がない御乱交ですわね。もちろん全員バイセクシュアル。(笑)

ですが、メンタルセックスは非常にこころの奥底まで届く営みですので、ふか〜いレヴェルでの癒しがあります。

もっといえば、承認してくれる仲間がいなくても、「今ここ」に愛は常にあるのですから、私たちはそれを「感じる、受け取る」事さえすればオートマチックになみなみ溢れる「愛」に満たされるのです。
この療法は、「今ここに既に存在する愛というエネルギー」に気が付く、というのが狙い。

さて、メンバーは全員有資格者のアートセラピストなので、さあ始めますよと言われればがーっと「愛」の世界へトリップできるプロフェッショナル(笑)
入り込みやすいように、ロウソクの炎と対話する瞑想から入り、その炎を持って円座になり、それらしい音楽をかけます。そして順番にムーブメントで愛を表現します。

ああ〜、ひさしぶりにヤリまくってきましたとも!!

クライマックスを迎える頃は、もう涙なくしてはいられない、そこら中のひとをとっつかまえてハグしたい気分の、最高なエキスが脳内からどばどばと分泌されておりました。

一歩まちがえれば帰って来られないかも知れませんが(嘘)

いわば宇宙との交信作業のようなこのワーク、tomokovの指導のもとでやってみたいですか〜?

どうですかああ〜???( ̄+ー ̄)キラーン

| | コメント (3) | トラックバック (0)

TVS 「関口さんⅡ」収録レポ2

つい先ほど、学生時代からの友人タマオからこんなメールが。

「ハ〜イ!ひさしぶり!お元気?ところで肩にオウム乗っけてテレビに出ちゃったりしてな〜い?」

タマオとは学生時代、キング&クイーンやマハラジャなどでお遊びした仲でございます。
VIPルームで頂いたドン・ペリニョン、いったいおいくらだったのか、私はしりません。
ええ、時はバブルのまっただなか。

彼女の両親が経営するマンションの一室を仲間で占拠し、レンタルビデオ屋で借りてきた小林ひとみのAVを、女の子達で大騒ぎしながら鑑賞したあのパジャマパーティ、青春の一ページでございます。

そののち良きところでタマオは老舗和菓子屋の御曹司と結婚、セレブリティな生活を送っています。

ひょんなことから、旧友とコミュニケーション。
こころ暖まるひとときですね。


・・・・はっ!!Σ( ̄□ ̄;



しかし!!!



ま、まさか、「もう、変なコトしてるアンタなんか、あたし達の仲間じゃないわよね〜!」

とか、おもってたりしてませんよね!!

「出ちゃったりしてな〜い?」の「な〜い?」のあたりのニュアンスが気になるところでございます・・・ううう。





さて、2回目の収録が終了したわけですが、収録中tomokovは出番が少ないものですからヒマヒマな時間がけっこうあります。
で、ついそこら辺の飲み終えた紙コップなどをかたづけたりしてしまうのですが、そんなとき、

女性ADのイタクラちゃん弾丸のよーにすっとんできて

「やりますから!先生はすわっていてくださいっ」

と、魔法使いのようにシャランラ〜と一瞬でかずけてしまうし、

タレントさんが急いでお着替えした残骸をたたんであげようとしたらマネージャーさんが

「あっ!いいですから!自分がやりますからっ」

と、あたかもアパレル関係者のよーにちゃちゃっとたたんでしまう。


んん〜〜、余計なコトしたら彼らの仕事をふやしてしまうのう・・・。( ̄〜 ̄;)


で、ひごろtomokovがカウンセリングやセルフヒーリングで使っている、「クエストカード」というものがあるんですが、それはインスピレーションで引くカードがタロットカードのようにも使えるものです。

このカードの良いところは、普通のタロットにありがちな気味悪さをすべて排除しているのと、非常にポジティブな解釈

「ひとは幸せになるために生きているんだよ」

というメッセージが一枚一枚に込められている優れもの。
これはtomokovにアートセラピーを教えてくれた日本のアートセラピーの第一人者、柴崎千佳子先生が監修。

それを使って、一服している人を捕まえてプチカウンセリング。(笑)

もっちろーん、総合司会のイケメン俳優、唐橋充くんにもやって頂きました。

収録中、進行上の不可抗力(嘘じゃないのよ〜!信じて!)tomokovのセクハラの応酬にブチギレ寸前の彼(笑)も、
カードカウンセリングですっかりご機嫌〜!

調子にのってお願いしてみたらお写真まで載せていいって言ってくれました〜〜!!らんらんらん。v(≧∇≦)v

050809_1822001カードを持ってキメポーズでございます。かっくい〜!

 
                      


さて、それにしてもちょいと立ち寄った中華屋さん、激ウマだった・・・・。
忘れないウチに書き残しておこう。

四川料理「芝蘭」  

東京都板橋区赤塚新町3−3−20  電話03-3939-4465
営業時間11:00-14:30/ 17:00-22:00(L.O.21:30)。

食べたのは麻婆豆腐。

050809_2111001

料理長はかつて日本の中華の父と呼ばれた陳建民(四川飯店)の下で修行をした人で、「担々麺を作らせたら自分も敵わない」と、料理の鉄人・陳建一が言ったとか。

・・・・よし次は坦々麺だ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

暑さでついに・・・

いやいや、このク○暑いのに忙しいのです・・・

特に、アートセラピーお子さまスペシャルの準備や、他にも
夏休みスペシャルの企画目白押し。

その準備やなんかであちゃこちゃ動き回っているうえ、
7/31には趣味の和太鼓の舞台があり、8/3にはフルートの演奏会。

和太鼓は、お腹の中心部の丹田に響き、人間の原始的な鼓動を呼び覚ます打楽器。
そのへんのへたっぴいなHよりずうっとワイルドで素晴らしいえくすたしいが味わえるのでございます。

一方、フルートの方は貴婦人の道ならぬ恋、
というとろでしょうか。
鳴かぬ蛍が身を焦がす、とは「ちびまる子ちゃん」のお母さんが口にしていたどどいつの句でしたっけ。

要するに、哀川翔をとるか、福山雅治をとるか、
アンタどっちなの!?ってことっすかね。

で、同じ日に練習日度があった場合、

「え〜っ、それは無理いいい〜!」

とかいいながらも、いそいそと出掛けていってしまう、いけないtomokov。

福山→哀川コース、これは大丈夫です。
なにしろ貴族のナニでございますから余力があります。

しかし、哀川→福山コース、いくらtomokovの強靱な精神力を持ってしても、これはだめです。

いっかいでへとへとです。

おそるべし哀川翔。いえ和太鼓。

ああなんだか、暑さのせいで文章に品位がなくなってまいりましたね。

そういえば、8/3 24:30〜放送の TVS「関口さんⅡ」収録時、

休憩タイムに超イケメン俳優の唐橋充クンが、

「恋愛ってまだたくさん経験してるわけじゃあないんすよ〜〜」

なあああああんてキャワイイことをいっているので思わず

「アラ、わたくしが協力してさしあげましょうかああ?」

とかいってみたりした。(爆)


そうしたら、唐橋くんが一瞬固まって、

あはは先生エロイなあ・・・・」

なあんていってくれちゃって。あははは。(*´▽`*)


・・・・・。


やばい・・・( ̄Д ̄;)

あたしこれってセクハラっすかね?!

すいません・・・

唐橋ファンのかた、


ほんの出来心ですからあ。

ゆるしてえええ〜〜 ぎゃあああああ!


がくっ




      



  



  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »